2016年10月11日火曜日

久しぶりにエコレンジャー(環境学習プログラム)やりました!

10月8日
久しぶりに環境学習プログラム エコレンジャーを大日向マルシェ会場にて開催いたしました。

しかし、雨、雨、雨…
それでも無理矢理開催!

思ったよりも参加者が現れ、また助っ人にも助けられ、
完全にオンブに抱っこ状態で行いました汗。

今回の任務は、昨年造成して、春にも調査を行った池の秋の調査。
それと、春に田植えした田んぼの水抜きを行い、そこに棲んでいる生きもののレスキューを行いました。



雨でも子供たちは元氣いっぱい


最初、大型のヤンマは採れませんでしたが、あとからザクザク出てきました。
多分、この池の優勢種はこれかと思うくらい…



今回もガクさん家族の協力を得て、
ほとんど全てをお願いしちゃいました…
ガクさん、いつもありがとうございます*

マツモムシの空氣の取り込みが見れて良かった♪





○今回確認できた生きものたち
ヒメゲンゴロウ
マメゲンゴロウ
コシマゲンゴロウ
クロゲンゴロウ

クロスジギンヤンマ
シオカラトンボ
一種 背棘にトゲがあるものがいて、オオシオカラトンボかと思って同定を進めるも、アゴの側刺毛の数がタイワンシオカラトンボの数8本で、腮刺毛の数がそれよりも少ない…
これをオオシオカラの変種と思っていいのか?タイワンシオカラトンボだと思っていいのか?
多分前者なんだと思いますが、なにせオオシオカラトンボが全然採れないので、何ともいえません。

マツモムシ

トウキョウダルマガエル

という結果から
○この池が生きものにとってどいう場所か?
当初は明るく開けた水面があったけど、段々と池に植物が繁茂し、水面が見えないほどになってしまった。そこで比較的暗くて水草のある池を好むクロスジギンヤンマが入って来た。ゲンゴロウが多種いるということから、比較的多様な環境(繁茂した草を刈り取ったことも影響して)が作られている。
夏場に刈り取る場所とそうでない場所を分けることで、多様な環境をつくれるのではないだろうか?
ということで、来年はそういった管理を行いたいと思います。


2016年6月8日水曜日

スナップエンドウは…

実は今が旬のスナップエンドウ。
私も縁があり、友人から種を頂いてからつないで来たのですが、今年は絶不調…
というよりも、春蒔きでもイケる!と去年知って、安心して春に蒔いたものの、やはり出来や育ち具合はイマイチ。しかもまだまだ発芽したりしなかったりで、味もイマイチ乗り切れてない感じです。
畑仲間のKさんと話をして、Kさんの辛うじて生き残った秋蒔きのスナップエンドウと春蒔きのモノを比べると、明らかに勢いが違いました。時間をかけて根を土に定着させ、そこの微生物と関係を作っているだけのことはあるんだな…当たり前のことだったのですが、そんな事をあらためて思いました。今年は秋蒔きで霜対策をしながら来年美味しいスナップエンドウを作ろう…しかし、あまり量が無いので、果たして種をつないでいけるのかな?

あと、マメ科だけは根粒菌によって窒素を土に溜め込んでしまうため、連作ができないという説が、炭素循環農法をやっている人の間でも通説になっています。だからこそ秋蒔きが重要になってくると思うのですが、その辺を上手くサイクルできる方法は無いものか?
6月にスナップエンドウが終わったあと、窒素食いの作物を緑肥代わりに入れてあげることも手かな?なんて思いました。

2016年6月5日日曜日

農日誌20160604

まずは、ニワトコベースから


スイカの調子があまり良くないように見えます。
日光が当たり、根が定着してないため上手く水を吸い込めない…
というのが一般的な見方かもしれません。
が、根が定着するというのは、微生物との関係が深く結びついているのではないか?
というのが私の今の考えです。
土の上の葉や茎が薄い色になり、縮こまったり、萎れたりするのは、光合成によって作られるエネルギー?物質は植物自身だけに使われるのではなく、土の中の微生物にも使われる。
植物は微生物に養分を供給しながら、逆に自分に必要な養分を微生物からもらう。
そうした関係を作り、成長する。
しかし、その微生物が土にいなければ、いくら日光を浴びてもそれに対応することもできず、省力化せざる終えない。
それで葉の向きを調整したり縮めて光を当たりにくくしたり、また葉緑素を無くして光合成を起こさせないようにしている。という考え方もできる。

要するに、土に微生物があまりいない。
(スイカに対応したもの)

その考え方だとすれば、いくら水を上げてもどうしようもない。
むしろジャブジャブにすればするほど好気性微生物はいなくなってしまい、逆効果という状態もありえる。


とりあえず、数少ない経験で考えられることは、
畝間から空気を入れてあげ、微生物を増やす!



分かりにくいですが、フォークのようなもので、
あまり大きくなく空気をいれてあげるイメージで耕起しました。
土をヒックリ返すほどは極力避けました。

2016年6月3日金曜日

活動日誌20160602

昨日は、管理させて頂いている竹林の林縁の草刈りを行ないました。
以前に比べて植生が変わったように思います。
調べて記録していないのがプロとして失格なのですが、
こんなにイタドリが多かったか?
もう少し離れている場所ではたしかにイタドリはあったけど、笹とツル生のものが多かったように思います。
そして途中からその植生もイネ科のものに変わり、そこでは細い貧弱な竹のような笹がニョキニョキと沢山生えています。
土の状態、光の当たり方、条件によってすぐ側でもこんなに変わってしまうのだなぁ〜
面白いですね!

作業前
作業後

作業前
作業後

途中からイネ科の草が生え、そして細い笹のような竹がニョキニョキと疎らに…

2016年5月27日金曜日

農日誌20160526

かなり更新空いてしまいました…
とりあえず、出来る限りその日の作業、気づいたことなどを書き連ねていけたら、記録として共有できたらと思います。

で、ずっと更新しない間に、畑の方は色々と変化が…

【これまでのトピック!】

•「ひなた畑 リバウンドでかなり調子が悪い!」
昨年、造成したひなた畑。最初は相当調子が良かったのですが、秋以降パッとせず、今年に入りいよいよ芳しくなくなりました…
期待していたスティックセニョールもすぐに虫に喰われ、また成ったものも貧弱で美味しくない状態。ニンジンもスギナに覆われ芽もあまりでず、スナップエンドウはハタネズミにやられてしまい半分以上がなくなりました汗。
こうした結果がでるということは、それなりの原因があるわけで、急激な変化は、それだけ引き戻しの力も凄いということが分かりました。
こうした変化は「圧力」と言い換えることもできますが、正負の圧力を上手く使い分けることで、そのバランスを上手い方へ変えて行くみたいな…
もしかしたら自分にとって正のバランスにしたかったら、負の圧力をかけてみることが良いのかもしれません。今回はいきなり正のバランスをとろうとしてしまい、正から負に一気に傾いてしまいました。


那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。