2009年11月2日月曜日

09年度第7回エコレンジャー開催

11月1日の日曜日
今年のプログラムの中で湿生広場でおこなうのは最後となる回です。
朝からイベントが始まって途中までは霧におおわれ、天候がどうなるか分からない状況でしたが、その後回復し、日差しも出てきてアキアカネやオオアオイトトンボの成虫も飛来してきました。
今回は湿生広場で一年間やってきたことの成果を確認するために
池にいる生きものを捕獲して、どのようなものがいるか?を調べ、来年にどのような管理を行なって行けばよいのか?をみんなで考えました。

一年間でやってきたこと
・土手を修復しセリを植えた
・公園内の水辺の植物をみんなでとってきて植えた
・外来種であるアメリカザリガニを捕らえるためにザリガニについて研究し、ワナを作り仕掛けた。
・地域に自生している水生植物を植えた

まずはみんなで池の生きものをとろう!

とれた生きものを仕分けして観察。
どんなものがとれたかな?

※トンボで環境を計る理由
トンボは多くの種数があり生息環境も種によって異なる。
また、幼虫時は水中に、成虫になると陸へ移り、飛行により移動できることから、水辺、陸と両方のものさしとなる。

今回、みんなで捕獲したトンボのヤゴは、
・シオカラトンボ
・オオシオカラトンボ
でした。
シオカラトンボは明るくて開けた水面を好み
オオシオカラトンボは暗くて開けた水面を好みます。
湿生広場は明るい場所と暗い場所の両方をもった開けた水面があるということが、
生きものの視点で分かります。
しかし、初夏から秋までに様々な成虫の産卵の確認もしています。
例えば、クロスジギンヤンマ、ギンヤンマなどです。
このトンボは植物に卵を産みつけます。
そして幼虫は植物にまぎれて生活していることが多いです。
卵を産みつけるための植物、隠れ家となる植物がまだ足りないのかもしれません・・・

なぜ?生きものがたくさんいないといけないのか?のクイズ


常連隊員が食物連鎖についてみんなに説明してくれています!

来年度はこの湿生広場にもっとたくさんの生きものに来てもらうためにどんなことをすればよいでしょうか?
・アメリカザリガニを駆除していく
・背の低い植物ばかりではなく、背の高い植物など地域に自生するいろいろな植物があった方がいいので、人に踏まれないように踏まれたくない場所を分かり易くしておく
・来園した人にエコレンジャーの活動を理解してもらうために掲示板の設置を考える。

以上のことを来年度のイベントで組み込んで行こうと考えています。



那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。