2009年4月1日水曜日

活動主旨・考え

現在は社会の大きな転換点だと思います。
物を大量に生産し消費しなければ成り立たない社会システムでは、
有限である地球の資源は枯渇してしまいます。

しかし私たちは、この物質的に豊かな状態がいつからか当たり前のようになり、自然がもたらしてくれる恵みに対し感謝することもなくなり、そればかりか何でも人間の思い通りになるような錯覚さえ起すようになったように思います。
今こそ、自然に目を向けその仕組みを理解し力をかりながら生きて行く方法を見いだして行く必要があると思います。
「生きもの」は人と自然が共に生きて行くためのモノサシ(指標)となると思います。
狭い国土の日本がこれだけ豊かな生物相を維持してきたのも地理的な条件もありますが、
長い年月をかけて人と自然が共生して作り出してきたサイクルの結果でもあります。
多様な生きものがいるということは、それだけ自然とともに生きていけていると言えるのです。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。