2010年12月12日日曜日

2010年12月11日イオンへブース出展しました。

12月11日
今年最後のイオンデー
「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の登録団体として
生きものを通して自然と接し、つながりを感じる
キッカケを作るためのブースを出展させて頂きました。
↑この写真は、お手伝いしてくれた子供に
撮ってもらいました。
どのタイミングなのかが分からなくて
この間抜け面...(笑)
今回は、準備が終わる前から子供たちが集まり、
終始、ほとんど人が切れない感じでした。
先日、某企業のビオトープ池を調査し、捕獲したヤゴなど
に出演願いました。
最初、触れなかった子供たちが、ドンドン触れるようになる。
それだけでもこのブースを出展している価値があると思います。
いつものような感じですが、
奥に、どんぐりやマツボッックリのリース、
鉢植えを入れるボックスなどを木の枝の破材などで
作って頂いたものも展示させて頂きました。
こうした利用を考えて行き、
自然資源の価値を見出して行くことが、
工業製品で、均質、均一化したものだけに囲まれた
私たちの生活には、これからは必要なことではないでしょうか?
そうしたことを考えて行くキッカケ作りも
これから考えて行こうと思います。

2010年12月6日月曜日

2010年第8回エコレンジャー開催

12月5日那須野が原公園で
今年最後の自然体験環境学習プログラム
エコレンジャーを開催しました。

スッキリと穏やかに晴れ、ユッタリと楽しい時間を
過ごすことができましたぁ〜!

今年最後のエコレンジャーの任務の発表です!!

そしてエコレンジャーの役割は?!
なぜ、生きものがたくさんいた方がいいのか?
隊員が説明してくれました!

今回は樹林の中を歩きながら
落ち葉やどんぐりなどを拾い、
森のクイズに答え
種類やクイズ1問正解するごとにスタンプ一個で
5個以上集めると何とッ!!
スゴい
美味しいどんぐりが食べられます!

さっそくクイズを出題!!

クイズを通して、
森のつくられ方を楽しく、自分で考え、
発見や気づきを得て学習することができました!

「答えは1番だと思うヒトぉッ〜?」
「はぁ〜ぃ」
という感じで、みんな真剣に考えて
答えてくれます。
ここでは答えが一番重要なのではなく
自分で「なんでだろう?」と
気づいたり、発見したり、
そして考えることが大切なのだと思います。

戻ってきて
自分で採って来たものを記録のために
シートに貼ります。
どのくらいの種類があるかを確認しました。

葉っぱのサンプルを見ながら
何の木かを確認しています。


「どんぐり」はあまり採れませんでした...
どうしてかなぁ?
絵本を使ってその訳を考えます。

土の中にも生きものがいる?
どうやって土が出来て行くのか?
落ち葉がバラバラになって土になっていく
過程の説明です。
みんなも実際に同じカタチの落ち葉を探してみよう!
どのくらいの深さにあるのかな?
さぁ〜では土の中にはどんな生きものいるのか?
落ち葉や土をすくって調査します!
公園のフルイを使い!
落ち葉と土を分けて行きます。

地味だけど、結構ハマってしまう
土の中の生きもの調べ!
みんな夢中でしたぁ〜
見つけた生きものは一覧表にシールを貼って行きます。
これでこの場所の土の状態が分かるという訳です。
良い状態とは、ここでは安定した環境ということで、
安定しているとバランスをとるために、
たくさんの種類の生きものがいるということです。
たくさん生きものがいると森が豊になる理由は?
木も生きものも、つながりあっている!
だから、様々な種類の木や動物がいることで
そのつながりは強く、豊なものになるんだよね!
それでは!実際に落ち葉にもぐって
木や動物の気持ちになって
森を感じてみましょうぉ〜〜〜!!!

最後に約束どおり
美味しい生で食べられる「どんぐり」を配ります。
みんな楽しみにしていたので、
食い付くようにして列に並びます。

さぁ〜お味は?
・・・・
色々な声が!
「どんぐりッて食べられるんだね!」とか
「アーモンドをイメージして食べたら、マズかった」
とか、、、
なるほど(笑)


エコレンジャーもとうとう2年目が終了しました。
とにかく事故もなく無事にできたのは、
協力して頂いた参加者の皆様、
公園管理者の手厚いサポートがあってこそです。
本当にありがとうございました!

この環境学習の主旨は、
この地域に本来生息している生きものの生息、生育空間を
みんなで創出し、管理していき、
その中で、自然について触れ、感じ、気づき、学んでいく!
そのためには楽しくなければならない!!
ということでやって参りました。
こうした活動も、これから訪れるであろう、
脱石油社会のための布石であり、
石油に頼らないエネルギーや食料の確保のためには、
その地域にある自然資源の力を理解し、分けて頂くしかありません。
また、物質的な豊かさは、人間の欲望の行き過ぎを加速し、
本来の心の豊かさまで失わせてしまったとも思っています。
我々は、自然を破壊してきたことが当たり前になってしまいましたが、
自然から、もっともっと多くを学び、生かしてもらう方法を考えることで
心の豊かさも取り戻せると考えています。

まだまだ道半ば、
環境学習でも至らない点が多々ありますが、
これからも試行錯誤をしながら、皆様と一緒に
たくさん学んで行きたいと思いますので、
今後ともよろしくお願い致します。



2010年11月19日金曜日

2010年11月18日那須野ゼロポイントの様子

11月18日那須野ゼロポイントの様子を
見に行って来ました〜(夕方ですが)

那須おろし?がビュービューの中(ここは直撃する場所です)

ゼロポイント周辺は美しく彩られておりました。
水際で何かを発見!!鳥の羽?
どうやらここは、猛禽類のエサの処理場に
なっているんでしょうかね?

人間だけの視点ではなく、
生きものの視点を取り入れて環境を創出し、
その管理を通して、地域や他から来る方を巻き込むことができたら、
まさに、そこにある自然を生きものを通して感じることができ、
さらに魅力のある場所となる!
こうした痕跡をみると、地域の自然のポテンシャルの高さに
あらためて驚きと喜びを感じました。

2010年11月16日火曜日

2010年11月15日の千本松の様子

11月15日
千本松が紅葉で美しい〜
那須疎水から
松林の低木は楓が美しく色鮮やかに紅葉しております。

2010年11月12日金曜日

2010年11月11日イオンデーブース出展

11月11日
1並びな日でイオンデーです。
今回も、生きものを通して環境を考える
ブースを出展させて頂きました。
平日は久しぶりかもしれません。
平日とあって、なかなか苦戦しましたが、
そんな中でも興味を示して頂いた方がかなりおりました。
本当にありがとうございます!
今回もいつものような感じで・・・
メインのヤゴの観察
この絵のお陰でかなり目を惹いて頂いております。
今回は、獲れたてのアキアカネのたまごと
シオカラトンボの幼虫にご出演願いました。
冬をどのように越すのか?を
テーマに話を進めようと思いました。
次回もチャレンジしようと思います。

2010年11月8日月曜日

2010年11月7日第7回エコレンジャー開催!

11月7日
那須野が原公園湿生広場で第7回エコレンジャーを開催しまいた。
「トンボサミットin那須野が原公園」ということで
今回で今年の湿生広場での水辺の活動は終わりで
一年間の活動の結果を調査し、振り返り
今後の池の維持管理の方法をみんなで考えて行きます。
最後にみんなで記念撮影!
那須野が原のトンボ代表ということで
トンボサミット閉幕です!
(見栄えがいいので最初にこの写真をもってきました)

エコレンジャーは何のためいるのか?
みんな常連隊員なので、言うまでもありませんが、
ここが肝なので、確認は必要です。
今度は、誰かがみんなに説明してくれることを願っています!
(みんな恥ずかしがりやなのかな?
間違っても恥をかいても大丈夫な雰囲気をつくろうと思います。)

今年最後の水辺の調査の開始です。
水は冷たかったのですが、
元気イッパイに捕獲をしてくれました。

水草に隠れているかもしれない!
追い込みむ方法を考えてみましょう!
使った道具は自分でキレイに片付ける
これもすっかり定着しましたね♪

自分で獲った生きものを取り出し
仕分けする風景
たくさん獲れたのかな?
今回はヤゴをシッカリと見分けてもらうことにしました。
アゴのカタチからトゲの有る無し、
毛の数まで数えてもらい、
どのトンボのヤゴかを見分けてもらいます。
みんな真剣に取り組んでくれました。
もっと多くの種類がでてくれれば
さらに面白くなるのですが・・・
みんなに調べてもらったヤゴから
湿生広場にくらしているトンボを確認します。
この一年間やってきたトンボのすみ分けやアカトンボについて
復習、確認していきました。
みんな積極的に答えてくれました。
今回も前回のサミット同様に、
トンボのくらしを表したパネルに登場してもらいました。
(右側に貼ってある紙)
さぁ〜くじで何トンボになるかが決まり、
みんなトンボになってもらいます。

パネルで自分がなったトンボのくらしや特徴を確認してもらいます。
さぁ〜トンボサミットの話し合い(クイズ)の開催です。
みんな○×のついた上に集まって下さい!
親子みんなでトンボになって話合い(クイズ)に参加です!
みんな楽しんでくれている様子です♪
子供たちは、トンボになりきって
真剣に話し合い(○×クイズ)に参加してくれています。
自分の出番がなかなか来ない子からは
「まだぁ〜○来ないのぉ〜?」って
言われちゃいました(笑)

話し合い(○×クイズ)の結果
今の湿生広場がどうなっているか?
ということが分かりました。
これからどうするか?をみんなで考えてもらいました。
最後に、公園管理者の担当に
みんなで話し合って決めた来年の管理方法について
報告してお願いしました!

来年こそは目標種がくらせる水辺にしたいものです(汗)
自然相手なので、原因をこれだと言い切ることはナカナカ難しく
調査し、仮説を立てて、それに基づいて手を打つわけで、
しかし季節も流れているので、チャンスも多くありません。
また条件もその年々によって変わって行きます。
そういう意味では本当に難しいものですが、
そうしたことを感じられること自体が、
環境学習なのではないかと思います。
来年は新しい種が来てくれた喜びを子供たちに味わって欲しいと思います。

2010年10月24日日曜日

2010年10月23日生物多様性を考えようブース出展

10月23日土曜日
名古屋で開催されている生物多様性条約締約国会議に伴い、
ここ、那須塩原でもささやかながら、
何か、考える場を作りたいと思い、
イオンさんの協力を得まして場所を貸して頂き、
考えるブース出展を23日と24日にさせて頂きます。

内容としてはいつものイオンデーと変わりません。
それは当然のことなのです!
生きものを通して環境を感じてこそ、
多様性のある環境を創出できるのですから!
まずは感じて気づくこと!
そこからはじまる!という考えは会議があろうとなかろうと...
変わることがありません!

今回は、強力な助っ人が現れてくれました!
エコレンジャーの常連隊員です!!!
昨日のレディオアクアスの放送を見てくれて、
お母さんと共に駆けつけてくれました!
隊員2人は夢中で、エコレンジャーで感じたこと、
自分で獲得したことを、覗いてくれた他の子供たちや
大人のお客様に説明してくれました!!!
なんと頼もしいことでしょう!!!!!!
「みんな、チラチラこっちを見て、興味は絶対あるんだよなぁ〜」
と真剣にこっちに来てもらう方法を考えて、
あれこれ試行錯誤を始めました...
僕の相談に乗ってくれてとても助かりました。
彼は、僕が少し席を外してた時(彼にブースを任せてみました)
お客さんが来て、しっかり自分なりに話をして対応しておりました。
これには感心してしまいました...
脱帽です(汗)
そして凄く嬉しかった!
暇な時は、生きものの観察をしたり...
いつも活動の中でやっている
絵を書いて記録することもやってみました。
こうしたチョッとした場でも、
色々とできることはあるのだと、可能性を感じることが出来ました。

24日も同じようにブースを出展します。
今度はどんなことが起こるか?
楽しみです。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。