2010年1月23日土曜日

水が抜かれている!!!2

もしや!?と思って博物館のビオトープをのぞいてみると・・・
やはり抜かれている(汗)
これも清掃のため?
そういえば用水路の水も流れていませんでした。
この辺の水の流れっていうのはどうなっているのでしょうか?

大きく穴が掘られている様子
何かとったのかな?
このビオトープの植生はキショウブやコカナダモなどの
外来種が主です。
水辺として存在するだけでも大変意義がありますが、
ビオトープとしての維持管理と活用の方法を考えれば更に良いのですが・・・

こちらの池は大丈夫でした。
2つの池でもどちらか残っていれば、生きものも避難する場所はあっていいと
思いますが、水路がコンクリートだと水はけが良すぎて避難できない場合があります。
ハクセキレイが水浴びをしていました。

Posted by Picasa

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。