2010年3月19日金曜日

2010年春 那須野が原公園の水生生物調査4

持ち帰った箱(採取したもの)をフルイにかけること数時間・・・
やっとの思いで仕分け終了
以下、こんな感じです。
↑噴水の方
ヤゴもヤンマだけでなくトンボ科のモノやイトトンボも獲れました。
このやり方の方が現場で見分けるよりサスガに精度は高くなりますね(苦労の分だけ)
取りこぼしが減ります。(大変だけど)

↑大池の方
シオカラ系のヤゴとセンブリ、カゲロウの幼虫、貝類

今回の調査は将来的な展望に向けての布石として行なっています。
未来への投資であります!
現状を把握し、そこからより良い方向へ持って行くためにはどうしたらよいか?を考え、
少しでも自分でできることをコツコツやっていく!
地域の住民にとってこれからの「自然とふれあう」とはどういう意味を持つのか?
また、公園側も管理をオープンにし、「自然との関わり」を積極的に提供する場を作ることで、管理運営上の経費を削減しつつ地域にそうした場を提供することができ、自然環境を創出保全した地域貢献ができるようになると思います。

他にも企業のビオトープ、学校ビオトープなどで希望がございましたら
調査を致します!
お志と、将来的な展望によって予算などはご相談させて頂きますよ!

Posted by Picasa

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。