2010年6月9日水曜日

2010年6月8日湿生広場の土手部分追加で植栽と修復

那須野が原公園の湿生広場の柵で囲った水際部分ですが・・・
けっこう踏まれてしまっていることに気がつきました。
(最近、ネガティブな話題ばかりになってしまっていますが、
しかし踏む方も気を使ってくれているのか、草はある程度避けてくれている)

梅雨に入る前に、さらに植栽を行い
人が入る前に植物を安定させておいてみたらどうだろうか?
ということで追加で改修することに致しました・・・
水中の泥も粘土っぽかったので、植え付けをしながら泥を盛るような
カタチでやっていきました〜

すこしワカリニクイでしょうが、水際のラインが
黒くなっているのが分かりますでしょうか?

陸域と水域の移行帯として水生植物と湿生植物が
入り交じり、複雑な構造をつくり
多様な環境が生まれることが理想ですが、
放っておいてもなかなかウマく行かない状態と判断し、
とりあえず、この地域に自生しているセリとミゾソバ
を植栽することにしました。
これがウマく繁茂してくれれば
水際でも踏み込む場所が無くなり、
浅い部分に水草を必要とする生きものが生息できるのですが・・・
踏まれてダメになるか?それともその前に広がってくれるか?
人間のモラル、良心と植物の生命力に頼るのみでございます。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。