2010年6月23日水曜日

2010年6月19日だいや川公園で自然観察会のお手伝いです!

6月19日。同志の西谷さんがだいや川公園で
自然観察会を行うことになりました。
微力ながら、そのお手伝いであります(汗)

みなさんの前で「生きものとお話する方法」を
お話している西谷さん。

お話の後に、ホタルがいる流れのある場所に移動し
そこで実際に生きものをとることに・・・
みんな夢中になって獲っていました。
やはり植生が豊かで、大谷川から水を
引き込んでいおり、周辺環境の供給ポテンシャルが高いことから
けっこうな生きものが獲れたのではないでしょうか?

また講義室にもどり、獲れた生きものを観察することに

獲れた生きものを観察し、絵に描いてもらったりもしました。
この子は絵が上手で、何かどこかで賞をとり、
ここ、だいや川公園に展示されたと言っていました。
生きものを入れている容器まで描くところが凄い!
子供ってこういう感じなんですよね・・
こういう決めつけはイケナイのかもしれないですが、
あるがままに受け止める。(絵に表れている)
だから伝える方も重大の責任があると感じました。
今回の観察会の目的は、生きものがいるということを知ってもらう。
ということだったので、その目的は達成したと思います。
今後は、それ以上の環境について考える場を作っていくことが
次の段階であり目標だと感じました。
継続していければいいのですが・・・
こうした活動も、あらたな生活様式への
理解を求めるものだと思っています。
あくまで自然の力を借りて、その力を循環させ、
石油依存の消費社会からの脱却を図り、
地域は地域の持っている資源で生活を賄い、
持続可能な社会を構築し、
食料やエネルギーの安全保障を確立することが重要だと
考えているからです。
また、人間の力では到底及ばない、
自然を相手にすることによって
人間は感性を育てる事ができ、
心の豊かさを育むことができるのではないか?
とも考えています。
そのためには、まず、自然への理解を求め、
みんなで地に足をつけて地域の自然の活用の
仕方を考える必要があります。

Posted by Picasa

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。