2010年3月12日金曜日

那須野が原公園湿生広場 春の気配!

湿生広場の様子
昨年、みんなで土手を改修して地域自生のセリなどの植物を植えました。
夏などは水量が減り、またはたまに水を抜かれてしまって減ってしまい、
麻袋で作った土手がちょうど足場となって植えた植物が踏みつけられてしまいました。
上の写真うっすらと水中に麻袋のような塊がみえると思います。

写真中央・・・小さいですが、セリです。
まだ根は生きていたようです!
芽を出してきました!
今年は、踏まれないようにみんなと一緒に囲いをつくり
何で植物がたくさんあった方が良いのか?を考え、広めていけるような水辺を
作りたいと考えています。
Posted by Picasa

2010年3月11日木曜日

2010年3月のイオンデー出展!

今回はこんな感じで出展しました〜!!!
毎回、ちょっとずつ、微妙にパワーアップしています!
まず、イス!
長時間座れるように・・・


「ヤゴとおはなししてみよう」のスケッチブックも、
前回、あるお子さんが「これ何〜」といってスケッチブックをめくったことから、
紙芝居になる!と確信して、観察しながら「おはなしする」方法を紙芝居にしました。
今回、早速、実践できたので、大満足!(自己満足)

アカトンボのたまごも、孵化したことから説明することができます。
しかし、イオンに持ってくる時にかなり揺れたため、小さいヤゴは隠れてでてきません・・・
ニュースレターやチラシもケッコウ配ることができました!
そして・・・
今回は、紙芝居を並べてみよう!(上のヤゴのスケッチブックの発想で)
ということで写真のように3つのおはなしを並べました。
子供が好きにめくることができるようにしました。
ゴチャゴチャした細かい絵よりも、分かり易いアイコン的な絵の方がキャッチーで
伝わりやすいということが、ここ半年間やってきて経験した結果です。
これも威力を発揮して、何人かの人は興味を持ってくれました。
そしてめくってくれた人もいました!

今回も買い物時間というお忙しいなか、たくさんの方に足を止めて頂きました。
お話をしていく中で、いろいろと教えて頂くことが多く、大変勉強にもなりました。
ありがとうございました。

Posted by Picasa

アカトンボのたまごから・・・

昨年のエコレンジャーのアカトンボを調べる回で産ませた「たまごの実験」
水と土の量の違いとアカトンボの種類による違いで、どんな違いがでるのか?
を調べています!

秋から観察してきて、ついに大きな動きがありました!
土と水の量が土が1に対して水が2の「割合」に産みつけておいた場所から
ヤゴらしきものを発見!

分かりますでしょうか?
中央にチョコンとしたツブ・・・ゴミではありません。
これは、3月3日の状況ですが、
その後5〜6体を確認しています。
ちなみに、他にも土と水の「割合」が1:1でも
確認することができました。
こちらは量が少なく、1〜2体程・・・
まぁ〜正確に定量を産ませた分けではないので、
単純に比べられるものではないのですが・・・
水があって、水温がある程度高くなれば孵化するということでしょうか?
どの種のヤゴかはまだ小さすぎて調べられません。
Posted by Picasa

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。