2010年3月19日金曜日

2010年春 那須野が原公園の水生生物調査4

持ち帰った箱(採取したもの)をフルイにかけること数時間・・・
やっとの思いで仕分け終了
以下、こんな感じです。
↑噴水の方
ヤゴもヤンマだけでなくトンボ科のモノやイトトンボも獲れました。
このやり方の方が現場で見分けるよりサスガに精度は高くなりますね(苦労の分だけ)
取りこぼしが減ります。(大変だけど)

↑大池の方
シオカラ系のヤゴとセンブリ、カゲロウの幼虫、貝類

今回の調査は将来的な展望に向けての布石として行なっています。
未来への投資であります!
現状を把握し、そこからより良い方向へ持って行くためにはどうしたらよいか?を考え、
少しでも自分でできることをコツコツやっていく!
地域の住民にとってこれからの「自然とふれあう」とはどういう意味を持つのか?
また、公園側も管理をオープンにし、「自然との関わり」を積極的に提供する場を作ることで、管理運営上の経費を削減しつつ地域にそうした場を提供することができ、自然環境を創出保全した地域貢献ができるようになると思います。

他にも企業のビオトープ、学校ビオトープなどで希望がございましたら
調査を致します!
お志と、将来的な展望によって予算などはご相談させて頂きますよ!

Posted by Picasa

2010年春 那須野が原公園の水生生物調査3

回収した箱をゆすぎ、その時に捕まえたヤゴ
↑予想どおりコイツらが獲れました!
ギンヤンマ(小さい方)とクロスジギンヤンマ(大きい方)
↑こちらは大池の方でかろうじて発見できたもの
何だろう?調べないとちょっと分かりません。(未熟)

これを持ち帰らせてもらってフルイにかけて仕分け作業に入ります。
Posted by Picasa

2010年春 那須野が原公園の水生生物調査2

続いて大池の方へ

南側の岸辺の一部を網でスクいます。

あまり植生がなく、キショウブなどの帰化(外来)植物やガマなど
写真のように浸食されていて床はモルタルがむき出しの状態。
ほとんどスクうにも砂利石と落ち葉が少しあるだけ・・・
生きもの視点で環境を創出するとしたら、または自然の力でもう少し水の浄化をするのであれば、この岸辺の改修をすることをおすすめします。
改修といっても大掛かりなものではなく、公園の自然資源を利用し、労働力をイベントなどを利用して行なうことができ、驚くほど安価でできてしまいます。
(もちろんハードはもちろんソフト的な部分での料金は発生しますが)
景観を維持するためにも、また新たな景観をつくるためにも押したいところです!

↑ご覧のとおり10回スクってこのぐらいの量
Posted by Picasa

2010年春 那須野が原公園の水生生物調査1

3月18日に水生生物調査を行ないました。
今年はじめての水生生物調査です。
公園とその周辺の現状をトンボの視点で調べることを目的とします。
暖かくなりトンボなどが羽化する前に調べます。
今回はお願いして事務所前の噴水と大池の南側の岸辺を調べさせてもらいました。

ニホンアカガエルが・・・寝てた?

↑網を10回すくいそれを回収します。

噴水は石で囲まれた(当然)水辺です。
当初の目的から離れて、これをビオトープとしてとらえれば・・・
事務所も近いですし、自然について学ぶ装置としては申し分ないと思うのですが。
もちろん生きものの視点でそれなりの環境を作っていくことが前提ですが・・・
Posted by Picasa

3月16日のアカトンボ実験の様子

水と土の割合(4パターン)
土:水
2:1
1:1
1:2
1:0
左上から

↑こちらは土:水=1:2
1番水が多いものです。

点々がヤゴです。
いっぱいいます♪
Posted by Picasa

2010年3月17日水曜日

2010年3月15日夕方の那須野が原博物館の様子


3月15日の夕方。ちょっと通りかかったので様子を見てきました。
池の水はもとに戻り、スッカリ!「キレイ」になりました!

キセキレイという鳥が突然!橋の下から飛び出してきて木にとまりました!

昨年はトンボのクロスジギンヤンマの抜け殻がけっこうあったのですが、
今年の春はどうなんでしょうか?
あれだけの水を抜き、干上がった状態でどうなのか楽しみです!

2010年3月15日月曜日

那須野が原公園 植物で感じる春の気配

3月14日、お昼頃
公園がアカマツの樹林を目指して管理しはじめた(右)
一方、公園敷地外の樹林(左)
右の植生を見て回ったのですが、今のところまだあまり主立ったものを発見することが
できませんでした。また、私が公園内を歩いていたせいなのか?分かりませんが、
左の敷地外の方が鳥がたくさん確認することができました。
コゲラやエナガなどフェンス越しに見ていてもあまり逃げない・・・何故だ?
アカマツの単林よりも様々な種がある方がそこでくらす生きものの多様性も高いと言えるのかもしれません。
アカマツの樹林、千本松の風景を再現するといコンセプト?で
コナラなどの雑木はほとんど伐採したと思われます。
私は、このコナラを観察しています。
この明るさならば萌芽するのではないか?と密かに楽しんでいます。
(言っちゃったのでもう密かではありませんが・・・)


その他、公園の日向にはケッコウ春に花を咲かせる植物が一斉に花を咲かせていました。
上はタネツケバナ


ホトケノザ
その他にオオイヌフグリなども見ることができました。
Posted by Picasa

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。