2010年5月22日土曜日

2010年5月22日朝の乃木神社周辺にある公園の様子。

乃木神社の近くにある公園のような場所・・・
しかし、ここは公園というものではなく、農業用水貯水池という扱いの様子。
そのお話を、毎朝ここにいるおじさんに聞かせて頂きました。
ユーストリーム配信です。
最初は声が小さく、グダグダですが、途中からエキサイトしてきます!

2010年5月20日木曜日

2010年5月15日座間谷戸山現場研修会の様子

5月15日に行われた
神奈川県座間谷戸山公園のビオトープ管理士現場研修会の様子です。
今回から水辺を中心に管理を行って行きます。
まずは湿生生態園での植生調査から行います。
以前から確認していた植物のチェックを行い、新たな植生があるか?
または、無くなっているか?を見て行きます。
その後、多様な植生を維持するため、
伸びすぎて光を遮ってしまう
ヨシを刈って行く作業を行います。

こちらではトンボも一足はやく確認することができました。
写真はシオカラトンボの♀でしょう?
(未成熟の♂?でも♂も成熟したものは確認できました)

湿生生態園は、流れはあるけれど、全体的にジワ〜っとなっている湿地を
イメージしているので、流れをもう少し抑え、面的に水が広がるような処置が必要。
午後は、奥の南側の谷戸(普段は立ち入り禁止)の中に入り
昨年からホトケドジョウの生息場所として水路を作っていたのですが、
少し修正する作業を行いました。
ホトケドジョウは谷戸山で生息していたものを一旦捕獲し保護しています。
環境を整えて放流することになっているのですが・・・まだ、もう少しのようです。
今回は、水の溜まりを堀り、そこに水生植物が生えることにより、
産卵の場や避難、休憩場所になるということです。

水路に光が入るようにと、林縁も間伐して整備してきました。

そこでギンランがちゃんと植生しているではないですかっッ!
間伐して日差しが当たっている部分だけギンランを確認することができました!
自然は、こちらが行ったことに対して、本当に真摯に受け止めてくれます。
環境が整えば、その種が存在していればこのように姿を現すのです!
これがビオトープを管理するという醍醐味なのではないでしょうか?
まるで自然と対話しているかのようであります。

こちらは一株だけあったササバギンラン!
こちらも凛として生えていました。

今回は植生管理の醍醐味を味わうことができました。
やったこと、働きかけたことに対して何らかの結果がでると思いますが、
自然については、思うように行かないことの方が多いと思います。
思うように結果が出ても出なくても、何のための管理なのか?
目的をしっかり持ち、想像力を働かせて試行錯誤することが大切なのだと思いました。
そこに知恵が生まれるのだなぁ〜と・・・

2010年5月17日那須野が原公園湿生広場でやっと確認!

2010年5月17日
シオヤトンボを那須野が原公園湿生広場でやっと確認することができました!
本当はみんなで作った柵の上に止まっている一枚を撮りたかったのですが、
近づくと逃げてしまい撮れない。
仕方が無いので岩の上で体温を温めている一枚。

この時の柵の様子・・・
日差しがあり温度も急上昇!

写真ではワカリズライのですが、柵との間で結構植生がでてきています。
写真の中央。白く浮いているの分かりますでしょうか?
ホソミオツネントンボの♀と思われるものが、
浮いております。溺れちゃったのかな?

2010年5月19日水曜日

2010年5月14日アカトンボの卵の実験 浸水式

昨年の秋から行っているアカトンボの卵の実験の様子です。
水と土の量の割合の関係で実験していましたが・・・

こちら土:水=1:2の器は、
一時はスゴい量のヤゴが発生し、その後、巨大(2〜3ミリ)な一匹だけしか
確認することができず、そして死んでしまいました。


こちらは土:水=1:1の器
こちらも上と同じような結果になってしまいました。
どちらも何のヤゴかを確認することはできませんでしたが、
結局、ある程度までの大きさまでならこの器でできた「生態系」のエサ資源で
対応でき、あとは仲間を共食いしながら命をつなぎ、結局それでは持たずに
最後は絶滅してしまった・・・ということなんだと思います。
なんともヤゴにとってこれだけでは成長していくには不十分な環境だったということです。

こちらは土:水=2:1の器
常にジメジメしているような土です。
この状態では孵化はしなかったようです。

田んぼと同じような状況を作り出すことにしました。
(少し遅いですが・・・)
水を入れることによってどうなるのか?たまごは孵化するのか?

こちらは土:水=1:0の器です。
まったく水分がない状態、乾田化の状態を再現しています。



こちらも水を入れてみます。
これからどうなるか?観察していきますが、
孵化したとしたら、次に対策をとらないと前の失敗を繰り返すことになります。


2010年5月16日日曜日

2010年5月12日 夕方の那須野ゼロポイントの様子

5月12日の那須野ゼロポイントの様子です。
また、新たに水辺が誕生しておりました(汗)
どうせなら一つの大きな水面とした方が、生きものにとっては良いのですが・・・
水際にはかなり植生がありますが・・・
水生植物はまだあまりないようです。

エゾギシギシの葉を食べる、てんとう虫か何かの幼虫

こちらの土手には外来種のセイタカアワダチソウ群落が!
これは刈り取ったほうが良さそうですね・・・こんなところにまで!
どこからか土を持ってきたということでしょうか?
セイヨウタンポポ

こちらはフキ属の一種かと思われます。

ヨモギ?こんなに葉が大きくなりましたっけ?
かなりゴツい印象
水生生物の調査は出来ないので、これからも植生だけでも見て行こうと思います。
今度は、もう少しちゃんと見てみよう!

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。