2010年5月27日木曜日

2010年5月27日湿生広場でクロスジギンヤンマの産卵確認!

5月27日、午後の那須野が原公園湿生広場
柵の保護している場所は午後の2時過ぎにはほとんど日陰になってしまう。

これはノニガナの花
柵の外の水際で伸びて先に花を咲かせていた。
(湿った場所に生える植物です)
柵の中にもこれと同じものがたくさん伸びています!
遅く出てきたので、すぐに花をさかすのではないでしょうか?

湿生広場にいてしばらくするとフラッと現れた
クロスジギンヤンマッッっ!!!!
羽化して飛び立って以来です!
湿生広場の植物アチコチに産卵管を刺して卵を産みつけています!
写真は、この間みんなで植え付けたセリの茎に
産みつけている模様・・・・
昨年もそうですが、産卵するところは確認できているのに・・・
なぜ?ヤゴが確認できないのでしょうか?

2010年5月26日津室川湧水地の様子

津室川湧水地の様子です。
すっかり緑に覆われて、知らない人は何があるのか
全く分からない場所に・・・

湧水だけではなく、農業用水などの影響もあるのでしょうか?
水はふんだんに流れています。

梅雨の時期になると、この水路を溢れ出し、
人が歩くデッキも水浸しになります。

奥の少し広くなっている場所の水際・・・
いろいろな植生が見られます。
セリやキツネノボタン、イや
アオコウガイゼキショウ
そういう水際を那須野が原公園の湿生広場は目指します!

2010年5月26日那須野が原公園湿生広場の様子(朝)

5月26日湿生広場、朝の様子
植生の様子が気になり、また朝に来てしまいました。
水際のセリなどは今のところ大丈夫な様子。

斜面の陸部分がかなり良い感じで植生しています。
ノニガナやオヘビイチゴなど湿った場所を好む植物が出てきております。

植栽した場所とすみ分けをしてもらってウマい具合に
エコトーン(移行帯)を形勢して、多様な環境が創出できればよいのですが・・・
それには、とにかく踏まれないことです。
どうなるかは誰もワカリマセン、このままどのような遷移をしていくかは
観察して行くことが大切であり、
踏まれて壊されてしまうとそれが分からなくなってしまいます。
Posted by Picasa

2010年5月24日那須野が原公園湿生広場、植栽一日後の様子

エコレンジャーで植栽してから一日後の様子を見に来ました。
全体の様子です。
手前にうっすらモジャモジャしているのが分かるでしょうか?
セリやミゾソバ、ゲンノショウコ(別に湿生植物ではない?カキドオシ)などを植栽
ここの場所は去年も植栽したのですが、全て全滅しております。
今年はどうなることか?

柵で囲った部分
陸域と水域のデリケートな場所に植栽しました。

水際に根付いてくれると良いのですが・・・
去年は、水に入っている部分はザリガニにやられ、
陸に出ている部分は人に踏まれ・・・散々な目にあっていましたが、
それでもここのポイントでは根が残っているものもあり、
このまま踏まれなければ、水際で残ってくれるのではないか?と思っています。

2010年5月25日火曜日

2010年度第2回いきいきエコレンジャー開催!レポ

2010年5月23日
今年、第2回目のエコレンジャーを開催することができました!
天候が崩れそうな中、みんなの日頃の行いのオカゲ?で
何とか持ちこたえ、無事に開催でぇ〜す!
まずは、前回、何をやったか?何であんな柵を作ったの?
とみんなに質問で〜す!

その理由を常連隊員がみんなに説明をしてくれます!
「ぐるぐる回り」みんなつながりあっているんだよね?
つながりを強くするには、たくさんの生きものがくらせる場所が必要なんだよね?

それじゃ〜今日は、アメリカザリガニを獲るってみんなで決めていたねー!
なんでアメリカザリガニはここにいたらダメなの?

またまた常連隊員が立派に説明してくれましたぁ〜!
アメリカザリガニはもともと日本にはいない生きものだったんだよね?
そしてもともとその場所にあった「つながり」を断ち切ってしまう生きものだったんだよね?

アメリカザリガニをみんなで獲る前に、
前回、みんなで作った柵や池のまわりに、この那須野が原地域で採取してきた
植物を植えて、生きものがたくさん暮らせるようにしよう!
「草」と言っても、たくさんの種類があるんだよぉ〜
そして名前だけじゃなくて、生えている場所や、性格もそれぞれ違うんだぁ〜
チームに分かれて植物を植えるよ〜
みんなで協力してねぇ〜

さぁ〜ザリガニ獲りの前に、今回の目標と指令を達成できるようにしよう!
あいさつはもちろん、仲間と仲良く、協力して安全に作戦を行ってほしい!

捕獲スタートっ!
ってみんな・・・向こう側でやっている(笑)
やっぱり植栽した場所ではやらないよね(笑)
順番を間違えた?!確かにそうかもしれないのですが、
柵部分の植生を保護するために、あえて植栽を先に行い、
みんなも自分たちの植えた植物に気を使うように自然に持って行った・・・
まぁ〜こちらの意図通り(半分は)という感じです。

みんなポイントが分かっているのだろうか?
橋の陰に隠れている部分や際などを狙っている。
グループ分けしたけれども、なかなか連携をとるのは、
さすがに慣れていないので難しいようですねぇ〜(汗)
でも、これからグループによる、みんなで協力しあって何かをやれるようなことを、
ドンドン取り入れていこうと思います。
最初から、うまく行く訳がないのです!
子供たちも、そして自分たち運営スル側も!
事故がないように細心の注意を払いながら試行錯誤をみんなでして行き、
みんなで自然環境も、こうした取組み自体も作り上げて行くものだと思います。
尻餅ついちゃいましたぁ〜

シュレーゲルアオガエルの卵がアチコチで確認することができました!

さぁ〜アメリカザリガニ!何匹獲れたかな?
みんなで協力して数えてみよう!

3チーム合計で100匹近くのザリガニが獲れたよぉ〜
ひょぇ〜そんなに獲ったの〜?!

本当は、次に、アメリカザリガニを観察しながら
「アメリカザリガニとお話をしてみよう!」
ってことだったんですが・・・
捕獲で時間を使い過ぎてしまい、
ワナを作ることにしました〜!
テーブルも3つに並べていたし、臨機応変にいきたいと思います(汗)
協力して頂いているお父さん、お母さん、本当にありがとうございます!
これからもみんなで作っていきましょう!(甘えてばかりでスイマセン)

ペットボトルを使い、ザリガニを獲るワナを製作中!
やっぱり話を聞くことよりも、自分で何かに打ち込んでいる時の方が、
みんなイキイキしてますねぇ〜!
もっともっと「本物」に触れる機会を与えて、感性を育んでもらいたいと、
本気で思います!
所詮、人間が作り出したものは、その中からは抜け出すことが出来ないのです。
自然の長い歴史のなかで作られて行ったものこそ、
想像もつかないような物ができあがっているわけで、
私たち人間は、それに触れることで、様々な刺激を受け、
想像力を発揮することができるのではないでしょうか?
本当は、材料もペットボトルなんかじゃなく、天然のもので、
思うようにいかないところでの作業をしたいのですが・・・
最初から高望みをしては行けません(汗)

何で、アメリカザリガニがいると大変なことになるのか?
その説明をしてもらいました!
一度、入り込んでしまうと、その水辺を一度、カラカラの状態にして
すべての生きものがすめない状態にしないとならなくなってしまいます。
とても厄介な生きもの・・・
しかし、それを持ってきたのは・・・
と、本当はここまで話をしたかったのですが。
(これは「高学年向け」になってしまいますがね)

最後に、使わせて頂いた公園の池や自然に対してみんなでお礼のあいさつ!
今回も無事に終了することができました〜
私は、毎回、色々な気づきや発見があり大変勉強になります。
そして、参加してくれている子供たちや、その親御さんたちに支えられて、
みんなで取り組んでいる!ということにとても感謝の気持ちでイッパイになります。
次回も、至らない点が多々あるかもしれませんが、
「仕方が無いなぁ〜やってやるかぁ〜」と言った感じで、
どうぞお助け頂ければと思います!
参加して頂いた皆様!本当にありがとうございます!

2010年5月22日夕方 せせらぎ広場水車小屋近くの池でザリガニ捕獲作業

23日に小雨だった場合に備え、
アメリカザリガニを観察用に捕獲することにしました。
夕方来たら、すでに先客が・・・
水は濁り・・・
去年、水際に寄せたクサヨシなどの植物が踏まれていました・・・
ザリガニを獲るのは構わないけれど(責任をもって死ぬまで飼うならば)
だからといって、草をここまで踏み荒らしていいという話ではないと・・・
こういう光景をみるといつも思う。
しかし、これをエコレンジャーで何回言っても、なかなか分かってくれないのだけど、
「ダメだ!ダメだ!」と言ったところで、面白くなくなり逆効果だし、
やっぱり生きものの気持ちに子供たちを持って行く、
成りきってもらうまで高めないと難しいのだろうなぁ〜と・・・
ここまで子供たちを乗せるっていうのは相当なスキルが必要だと、実感している。
しかし、全ての子供をそうすることは不可能だろう・・・それはある意味恐ろしいことだ。

そこそこ大きいのも獲れた・・・で、
ヤゴの抜け殻を発見・・・ちゃんとしたカメラを携帯で撮ったので、
ピントが合わせられませんでしたが・・・
体が平たく、目が離れているから・・・
サナエトンボの仲間かな?
Posted by Picasa

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。