2010年7月17日土曜日

2010年7月15日那須野が原公園で看板作りしました。

7月15日那須野が原公園の
湿生広場に設置するための看板を製作しました。
この看板は、湿生広場で行っている活動を紹介するためと
柵や生きものの生息空間をどのように作ろうとしているのか?を
説明させてもらうために設置します。
公園にある伐採材置き場から廃材を頂きます。
写真は奥に積んであったものを引っぱりだしてきた状態です。

必要な材をネコに積んで管理事務所まで運びます。
水分をタップリ含んでいるためとても重い(汗)
水分タップリの材を刻んでいきます。
本来、こんなことしないのでしょうけど、
廃材を利用するということで仕方ありません。
ノコギリの刃に粉がビッチリくっ付いて切れなくなります。

刻んだ材を並べ、ビスで留めて行きます。
杭部分の加工は、尖らせるのにノコギリでは大変!
ということで、マルノコで切って頂く事に...

しかし、やっぱり湿気っているので、
刃が絡み思うように切れません。
結局、ナタで削ることに...
尖らせるだけなら最初からナタで良かったですね(笑)

とりあえず完成!
ケッコウ腐っていたりもしますが、
あくまで看板ということで強度的には問題はないかと...
倒れるにしても、立ち入りを制限している柵の方に
倒れるようにするので、大丈夫だと思います。

2010年7月13日火曜日

2010年7月11日イオン黄色いレシートキャンペーンブース出展

今月もイオンデー黄色いレシートキャンペーンにブース出展させて頂きました。
今回、少し準備がバタバタで思うようにできませんでした。が
日曜日で、あまり天候が良くないことが影響していたのでしょうか?
常に、ブースには人が立ち寄って頂いている状況が続きました。
少ししか気を抜く時間がなかった(汗)
出展と同時に直ぐさまお客様が足をとめて頂いた状況で、
今回、写真を撮るのを忘れてしまいました(笑)

出演してくれた生きものも
先月同様(違うヤツですけど)トウキョウダルマガエルくんと
ダビドサナエのヤゴさんです。
それでも子供たちは興味を示してくれて、こちらが問いかけると真剣に考えてくれました。
本当にありがとう!

2010年7月10日座間谷戸山現場研修会の様子

7月10日の行われた神奈川県、座間市にある
座間谷戸山公園でのビオトープ管理現場研修会の様子をお伝えします。
まず、先月と同じように、湿生生態園の植生管理を行います。
ヨシを中心に、成長の早い植生を刈り取ることにより、
他の植生の成長を促し、多様な湿地環境を維持します。
この活動を6年続けてきたことで、
かなりの種数が増えたということです。
植生管理を終えた後で、
湿生生態園を部分ごとにに区切った植生調査を行いました。
図鑑を片手にとにかく調べます(汗)

午後、秋に行う市民が
里山の管理を楽しんでもらうイベントの
企画会議の時間を十分にとった後、
サンクチュアリ(立ち入り禁止区域)の南谷戸の棚田の奥に入り
湧き水の水路の管理を行いました。
水路をホトケドジョウの生息環境を創出するため
水草が必要という判断から、光がもっと水路にあたるように
林縁の樹木を伐採することにしました。
林縁環境と水辺の環境が混在している状況で、
林縁が干渉しすぎている状況から、
水辺と林縁の緩衝帯をウマくつくることにより、
多様な生きものの生息環境をつくれるのではないかと思います。

光が少し入るようになったところで、
すぐ下流に植生していたセリを植えています。
次回、これがどうなっていることか?
Posted by Picasa

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。