2010年9月13日月曜日

2010年9月12日第5回エコレンジャー開催!

9月12日那須野が原公園にて
今年度第5回いきいきエコレンジャーを開催しました。
エコレンジャーは自然環境体験学習プログラムで、
生物の生息空間であるビオトープを実際に
生物の視点で管理しながら、
自然とふれあい、感じ、体験しながら自分たちの
住んでいる地域の環境について考える学習プログラムです。

まずは、「エコレンジャー」は何のためにあるのか?
そして
なせ?自然や環境を守っていかなければならないか?
をみんなで考えます。

今回のエコレンジャーの任務の発表です。
あいさつや自己紹介など基本的なことから
実際に、ビオトープを管理する内容まで...
握手をして隊員同士、自己紹介をしていきます。
今回は、久しぶりに湿生広場の水辺の生きものを調べて
この水辺が生きものにとってどんな場所かを考え、
もっとたくさんの生きものがすめる場所になるように
環境創出と維持管理をみんなで行っていきます。
さぁ〜!池に入って生きものを捕まえましょう!

何と、はじまってすぐに雨が降ってきてしまいました。
それでもエコレンジャー隊員はやる気満々!
止める気配はありません!!
捕獲に夢中でした。

捕獲した生きものを取り分けて行きます。
何が獲れたかな?

生きものを調べてこの池が生きものにとって
どんな水辺なのかを考える前に、
ヤゴとお話する方法を学びます!


ヤゴとお話する方法を聞きながら、
ヤゴを観察するようす。
体のつくりをよく見てみよう!
どんな場所にくらしているか想像してみよう!


次に、トンボのすみ分けのお話です。
シオカラトンボ、オオシオカラトンボ
ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ
四種類のトンボのくらしている場所の違いから
湿生広場がトンボにとってどんな場所でしょうか?
まずは四種の特徴から考えます。
そしてみんなで、四種類がそれぞれくらして行くには
どんな環境が必要か?を考えて行きます。
みんな積極的にお話を聞き、また意見が飛び交いました!
予定では、この後、実際にトンボがくらせる場所を
創出する作業をみんなで行うハズでしたが、
雨が本降りになり、変更!
自分の獲った生きものを観察して
気づいたこと、発見したことを記録して
みんなで発表し合いました!

今回は、天気に恵まれませんでしたが、
それでも隊員みんなのパワーで無事に活動することができました!


ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。