2011年5月16日月曜日

ヨモギの足湯を実験してみました。

地域の身近な資源の有効活用と自分の足元に目を向けてもらう活動
ヨモギを使った足湯をイベントなどで行い、癒しと自然という ゆる〜ぃ入り口から自然環境や生活について考えて頂くキッカケ作りを考えています。
実際にやってんみてどうなんだろう?ということで、モデル兼モニターも見つかったので試してみることにしました。

ヨモギを約一週間ほど乾燥させたものをお茶の葉を入れる袋に入れて、今回は
10リットル強のお湯に、10袋も入れてしまいました。
上の写真のようにつけます。(足湯なんでイメージは簡単にできると思いますが…)

しばらくするとお湯の色がかなり変わります。
匂いもとても清々しい匂いで、気持ちが落ち着くとモニターの方にも好評でした!
足もホッコリしていたみたいです。

具体的には、ペレットストーブで沸かしたお湯をタライに注ぎ入れて、
温度が冷めるまで湯気を浴び香りを楽しんで頂き、お湯に成分がでて来たら、足を浸かってもらうイメージで考えています。
ヨモギの説明はどうするか?効能はチョッと分かりませんが、事例を説明させてもらって、
こうした資源が身近に手に入ること、そしてそれらは地域の自然によって担保されていることを、
軽く説明できたらと考えています。
我々の活動への理解と、自然への気づきへつなげたいと思ってます。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。