2011年6月8日水曜日

20110608事務所のタフブネビオトープの様子

たくさんの生きものがあつまってきたッ!
以前、分散していたタフブネに植えてある植物を統合整理し、稲まで植えたタフブネビオトープですが、
観察していると、こんな小さな水辺でもたくさんの生きものたちが見ることができます。

日陰ですが、クサヨシは花を咲かせる季節になり、ゴウソは花のピークを過ぎています。
セリやミゾソバも順調のようです。増え過ぎてしまう恐れがあるので、それを間引いて管理作業が必要となります。
そう言えば、このビオトープのコンセプトや目的は何だろうか?

ニホンアマガエルもクサヨシの葉に乗っかり、エサとなる虫を待っているようです。

シオカラトンボのヤゴの死骸が浮いていました。
過去にこのタフブネに、ヤゴを放した覚えが無いので、もしかしたら産卵されたモノがここで育ったのか?
それとも植物にくっ付いていた卵があったのか?という可能性です。
僕は後者だと思いますが、本当のことは分かりませんね。

しかし全くトンボが来ない環境なのか?と言われたら、それは違うようです。
ホソミオツネントンボにとっては水辺として認識してもらっているようです。
少し分かりにくいですが、写真中央の細いカンガレイの葉っぱに止まっている青いヤツです。

他にも常連で居るのは、トウキョウダルマガエルやニホンアカガエルです。
これを狙って蛇なども来るので、ウチの母親には嫌がられます(笑)
僕も嫌ですけどね…(; ̄ェ ̄)

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。