2011年6月18日土曜日

スマートグリッド展に行ってきました。

次世代のエネルギーのあり方を語る上でスマートグリッドは無視することが出来ない…いや、今後の主役になると前からそのようなことを聞いていたので震災前から予定に入れておいた展示会へ17日に行ってきました。
さすがに震災後ということもあり、
さらにエネルギーのあり方、そしてコミュニティのあり方さえもスマートグリッドで解決できる!そんな色合いが強く印象に残りました。

IT、さらに発展してICTがエネルギーと人と人とをつなぎコミュニティを形成する。
スマートグリッドによって全てのエネルギーや生活のシステムを束ね管理する…
素晴らしい!

ネットワーク技術により全てを一元管理でき視覚的にも分かりやすく、そして自動でコンピューターが適切な対処の方法を決定してくれる!

…?

それって危険なのではないか?

近代、都市は自然からの脅威から身を守るために人が頭の中で考えたことがカタチとなってできたモノ。そして全てのモノが人間の手によってコントロール可能という考えによって安全を確保してきた…
それは人間を自然から引き離し、関わり方やつきあい方、考え方さえも変えていった…
人間は本来、自然の一部であり、そのつながりの中でしか生きていけないにも関わらず…

今回、スマートグリッド展で提示されていた各企業のスマートシティ、スマートコミュニティと呼ばれる次世代の都市のあり方をみると
あまりにも全てをコントロールしようとする気満々で、恐ろしさを感じる!

今回、東日本大震災を我々は経験し、近年の社会、エネルギーの使い方や供給の仕方、食糧やその流通に関して、とても脆弱なモノの上で、安心だと信じて生活きたんだと思い知らされた。
それは自然から遠ざかった結果、全てをコントロールできるような錯覚に陥った社会ではなかったのか?
スマートグリッドによって全てが管理されコントロールされるのは大変素晴らしいが、それ以上に自然そのものをすべて把握し、コントロールすることは不可能であり、我々は、コントロールする方法とら同時に、自然の理解とつながりを持つことに努めることが大切なのではないだろうか?
自然エネルギーと言いながら、全く自然に目が向いていない…管理する側の方法は分かったが、実際に生活する人間の姿が見えない、そして自然とどのように関わっていくかも…

やはり住民が主体となってこれからのコミュニティが形成されることが望ましく、人々をつなげるモノはスマートグリッドではなく自然なんだと願いたい…

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。