2011年7月17日日曜日

2011年7月の座間谷戸山ビオトープ管理士現場研修会

2011年7月16日神奈川県座間市の谷戸山公園にビオトープ管理士の現場研修会が行われ参加してきました。
天候に恵まれ、朝からとても暑く、ゆっくり自分のペースでの作業を心がけました。
今回は、午前中は湿生生態園での植生管理。午後は何もない場所と樹林の照度の測定を行いその違いを確認すると共に、林床植生の確認。そして谷戸の水路の管理作業という管理作業と満載の充実した研修となりました。
普通の日差しの十分の一に満たない光の量での林床でも、ササバギンランやシュンランなどの植生が確認することができました。
シュンランの実があんなにゴッツイのにはビックリしました。

湿生生態園の様子
長年(7年)のヨシとの格闘の末、やっとここまで勢力を弱めることができ、そして多くの植生を確認することができるようになってきました。
今後は、湿生生態園を挟む山、樹林が迫り、林縁の植生が湿地に入り込んできているので、樹林を抑え、林縁を後退させて行くことを考えて行かなければなりません。

初参加のビオトープ講座の受講生へ湿地の管理についてのレクチャーをしている様子

ミソハギの花も咲き始めました。

少し前までは三株程しか見れなかったマコモも、まるで水田稲のように列をなして増えていました。

うわぁ〜キレイだぁ〜
何て言って調べてみたら、これは要注意外来生物のアカボシゴマダラ…
人為的な放虫によって広まってしまったらしいです。
知らないところ私たちの生態系も少しず変えられていっている…
こうした生きものが作る景色も変わっていってしまう。
我々の受けている生態系サービスも損なわれてしまうかもしれません。

キショウブを中心に、外来種、そして勢力の強いヨシなどの植物を刈って行きます。
目的は湿生生態園の植物の多様性を保つためです。人の手が加わったり作られた里山では、人為的な撹乱を起こすことによって、遷移によって進む優先種の勢力を弱めることができ、他の植生発達を促すことができるからです。

これだけの量を刈り取りました。
約十人で二時間で弱の時間でこのくらいです。

午後から…
うろ覚えですが、2007年に間伐を行い整備した管理樹林地
照度計を使い測ると、何もないところとでは、十分の一の明るさの違いが…
そう言えばコナラなどの落葉広葉樹の実生からのモノは発見できなかったように思います。

ササバギンラン…
ピンポイントで光の当たるところ生えているように思えました。
分布しているのは以前とあまり変わらないそうです。

谷戸の奥の水路に移動し(南谷戸)水路の整備にあたります。
湧き水もあまり流れがないようであうが、今回は林縁の常緑樹の伐採を行いました。
今回は暑いけど頑張って手で太めの木を伐採!
みんなで力を合わせて、伐採から解体、整理までおこないました。

大きい木を2、3本伐ると、水路も明るくなります!

落ちていたモンキアゲハの翅

トゲナナフシも見ることができ…

多分、ヤマアカガエルの幼体も…サワガニもいました。

このように今回の研修会は水辺の管理目的意識を持ち、どのような環境にしたいかを考えながら管理しました。
考えるのと実際にやるとでは大違いで、体を動かし経験することで大変さや要領などを体感することができ、自分の地域での活動へフィードバック出来る私にとってはとても貴重な研修会です。
今後も出来る限り参加して行きます。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。