2011年8月10日水曜日

土鍋でご飯炊いてみました。

炊飯器はすでに生活の中でなくてはならないモノになりましたが、電気を使わなければ機能しません。
そんなことで、とりあえずガスを使って土鍋でご飯炊いて見ることにしました。

今朝の朝食…
初めて挑戦した割には上手く炊けました。
特に時間を計るわけでもなく、感覚的に始めチョロチョロ中パッパッって言葉を思い出して…
お焦げがケッコウいけます。
味噌汁の具は、自分で栽培したナスを使いました!
何となく自給自足それなりになってきたじゃないですか(笑)

ここでいいアイデアが浮かびました!
土鍋でご飯を炊く、ペレットを燃料にした道具を作れないか?…と
ご飯の量とペレットの関係を研究して、
ペレットの燃焼特性は、お米を炊くのにもしかしたら丁度良いのではないか?という直感で、実際制作してみたくなりました。
そうすれば地域の自然資源をもっと身近な生活の中に取り入れることが出来ます!
かなりワクワクして設計の漫画までチョッと描いちゃいました。

本当に開発できたら…
披露したいと思います。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。