2011年8月22日月曜日

8月の座間谷戸山の現場研修会

8月20日神奈川県座間市の谷戸山公園で
今月もビオトープ管理士の現場研修会が行われ参加させて頂きました。
今回は連日の猛暑から少し開放され、逆に雨が降りそうな雰囲気でしたが、
何とか一日持ち、
体験を通して発見や気づきの多い研修会となりました。
夏の仕事の定番である、湿生生態園の選択的伐採作業
この管理によって谷戸から流れてきた水をつかって湿地環境をつくり
地域の植生を来園者に観察して頂く為の施設です。
多様な植生を残す為には
背の高いヨシや外来植物を選択的に抜き取り
また、面的に湿地に水を行き渡らせるような作業が必要になります。
一部、キショウブなどの根を抜き取る事も必要です。
ショウガのような根のカタマリをとるのはひと苦労・・・
オオカマキリも見ることができました♪
山に挟まれた谷戸では
林縁の環境が無くなり、
山からいきなり湿地環境になってしまっています。
今後は迫ってくる山を、セットバックさせて
ここでは湿地環境と山との間にシッカリ林縁環境をつくり
移行帯(エコトーン)を形成して、多様性を高める必要があります。
湿地環境にも山の植生が入り込み、影響を与えています。
午後は、ずーと間伐作業を行ってきた樹林がこの春に皆伐が行われ
その後の様子を観察することにしました。

何という事でしょうっ!
目の前に広がるのは、まるで違う景色・・・
一気にニセアカシア林になりそうな勢い(汗)

入ったばかりのところにもっさりと繁茂するニセアカシア

中腹より上がわにはアカメガシワが多く目立ち
カラスザンショウも・・・

カラスザンショウにはアゲハチョウの幼虫が・・・

これもアゲハの幼虫
若齢幼虫は鳥の糞に擬態するのだとか・・・
なんということでしょう!

明るすぎるのか、
暗い林内に多いアオキの葉っぱが干カラび、
燃えたかのように真っ黒になっているものも・・・

それだけ日あたりの良い環境になったということでしょう。

照度計を使って測定したら、
皆伐林の中央と、その林縁とで比べたら
倍ほどの明るさの違いがありました。
人間の目にはわからないのですが、生きものにとってそれだけ光の影響はすごいのでしょう。

次に、谷戸の湧き水付近に作った水路の管理を行いました。
ここもやはり山が迫ってきて、水路の環境というよりも
林内のような暗さと、林縁でよく見られるクズなどが繁茂している状況。

クズなどのツル性の植生がコナラなどの木に絡まり
上の写真のようにカーテンのように覆ってしまいます。

そんなツルを皆で引っぱり取り除いたり、
湿地部分に繁茂しているクズを除去したり

少しでも水路部分を明るくするために
常緑のシラカシなどを伐採するなどの作業をして行きました。

伐採したものは解体して
材として使えるものや葉っぱなどのものに分けていきます。

作業後の様子
1回ではナカナカ代わり映えがしませんが、
少しずつ・・・
次回は湿地部分のクズを取り除き、
湿地の湿生植物の成長を促し、
水路についても植生が繁茂してホトケドジョウが産卵することができる
水草が生えるような環境を目指します。

今回も沢山の発見や学びがありました。
無事に楽しく研修できました。
そして次回、皆伐林の植生も調査するので、
その経過を知ることもできるので楽しみです。
あそこまで分かりやすく変化を感じられ、
またそれに対応した生きものが見られると本当に教科書のような体験ができますね♪


那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。