2011年9月1日木曜日

ペレット炊飯器実験20110830

8月30日
土鍋でご飯を炊いて、地域の資源を有効活用しよう!
略して「土鍋プロジェクト」
今回は、ガスではなく「ペレット炊飯器」
さいかい産業のキリンくんの網カゴの容量から
15分程度必要なペレットの量を割り出すと450グラムでした。
それをとりあえずセットして...

着火材に火をつけますッ!

モクモク煙りが出てきました。
しばらく煙りがケタタマシク出まくりました。

しばらくして土鍋を乗っけてみます・・・
正直、ペレット自体が燃えているのかどうなのかよく分かりません。

土鍋はずーと触っていられないくらい熱くなりましたが、
あまり燃えていないようなので・・・


 
投入したペレットを減らし・・・
 
新たに、そこに着火材を投入したりと、
訳の分からないことをしたくなりました。 

 
そんなことをして、着火材が燃え尽き、
少しクスブっていたら、急に
ボワァ〜ッと炎が吹き出しました。 
 
炎も一時的におさまり、
写真のような感じになりました。
この後、時間をかけて黒いものが灰になりました。

土鍋は、途中からガスにかけて炊き直しました。
大失敗です(笑) 

Posted by Picasa

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。