2011年11月17日木曜日

11月のふれあい自然塾をお手伝い

11月13日
宇都宮の ろまんちっく村にて
仲間の西谷さんが開催している「ふれあい自然塾」のお手伝いをさせて頂きました。
今回は、森の中で落ち葉などを使って遊ぼうということで、
遊びながら色々な木があったり、自然とのつながりを感じ、学べる
楽しいプログラムができましたッ!
木の腐った切り株を観察している様子…木は誰によって土になっていくのかな?
何か、生きものがいたかな?
最初は触れなかった、キマワリの幼虫も、みんな触れるようになっちゃったみたいです。
これは始まる前に、子供たちと落ち葉で遊んで、子どもが作ったもの
ステゴザウルスだそうだ!
特徴はつかめている気がする。
子どもの想像力は本当にスゴいっ!
そして、今回も子供たちはあくまで主体的でいたいんだッ!ってことを
思い知らされた。
特に幼児くらいの子は、なにより体験すること
自分が感じることでしか、モノごとを理解することができず、
概念を教えようと思っても、難しいし、飽きてしまう。
参加し、表現し、感じることで喜びも楽しさもでてくるのではないか?と思った。
紙コップを使って生態ピラミッドを作った時も、
先生のものを見ている時から、やりたいやりたい言っていた。
そして、その見本を見た後で、シッカリ、その通りにみんなで協力して作ってしまった。
これは、やり方を変えて、生きものの役割などを分けたりしてゲーム性を持たせれば
これだけで一つのプログラムとしてやれるッ!そう思えた。
子どもは、見ていないようでもシッカリ見ていて、
そして何より自分でやってみたいんだ!
失敗することなんて考えない。そもそも上手くいかないってことがワカラナイのかもしれない。
やってみて上手くいかないとか、そういうことをシッカリ経験することが大切なのかも…
そいういう学びも今回あり、自分にとってもとても有意義な観察会となりました。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。