2011年3月11日金曜日

木質ペレット製造の実証実験の見学へ行ってきました。

2011年2月25日
福島県の喜多方で行なわれている木質ペレットの実証実験を見学してきました。


エネルギー資源としての森林。
地域にある森を整備しながら燃料として使い、地域で使うモノは地域で回して行く仕組み。
いわゆる地産地消のモデルとして、木質ペレットにとても可能性を感じています。

今まで私たちは自らの地域、環境、自然を蔑ろにしていました。
全ては人間によってコントロールできる。作れる。だから壊しても問題ない。
しかし、本当にそうなのだろうか?
外国から燃料が入ってこなくなったら私たちの暮らしは全く成り立たない。
何とも脆い状況だということをもう一度認識しなくちゃいけないと思う。

自分たちの住んでいる地域の環境を手入れし、そこからの恵みを利用させて頂いて暮らす。
なんて自然で素直なカタチなんだろう?
そう思いませんか?
そんな生活、暮らしを実現するひとつの足がかりとして、
木質ペレットの製造と利用の仕組みはアリだと思っています。

小規模プラントの実証実験は、文字通りその地域で実際に稼働できるかを確認するとともに
導入するにあたり機械の使用方法を指導するというらしいです。

まずペレットの需要がないので、その開拓から始めなければなりません。
小さく初めて少しずつ広げて行くというのが現実的なやり方です。

ポイントは「自ら手入れをする」「地域に目を向ける」
これからの社会を作って行く上で欠かせないキーワードなのではないでしょうか?

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。