2011年6月18日土曜日

スマートグリッド展に行ってきました。

次世代のエネルギーのあり方を語る上でスマートグリッドは無視することが出来ない…いや、今後の主役になると前からそのようなことを聞いていたので震災前から予定に入れておいた展示会へ17日に行ってきました。
さすがに震災後ということもあり、
さらにエネルギーのあり方、そしてコミュニティのあり方さえもスマートグリッドで解決できる!そんな色合いが強く印象に残りました。

IT、さらに発展してICTがエネルギーと人と人とをつなぎコミュニティを形成する。
スマートグリッドによって全てのエネルギーや生活のシステムを束ね管理する…
素晴らしい!

ネットワーク技術により全てを一元管理でき視覚的にも分かりやすく、そして自動でコンピューターが適切な対処の方法を決定してくれる!

…?

それって危険なのではないか?

近代、都市は自然からの脅威から身を守るために人が頭の中で考えたことがカタチとなってできたモノ。そして全てのモノが人間の手によってコントロール可能という考えによって安全を確保してきた…
それは人間を自然から引き離し、関わり方やつきあい方、考え方さえも変えていった…
人間は本来、自然の一部であり、そのつながりの中でしか生きていけないにも関わらず…

今回、スマートグリッド展で提示されていた各企業のスマートシティ、スマートコミュニティと呼ばれる次世代の都市のあり方をみると
あまりにも全てをコントロールしようとする気満々で、恐ろしさを感じる!

今回、東日本大震災を我々は経験し、近年の社会、エネルギーの使い方や供給の仕方、食糧やその流通に関して、とても脆弱なモノの上で、安心だと信じて生活きたんだと思い知らされた。
それは自然から遠ざかった結果、全てをコントロールできるような錯覚に陥った社会ではなかったのか?
スマートグリッドによって全てが管理されコントロールされるのは大変素晴らしいが、それ以上に自然そのものをすべて把握し、コントロールすることは不可能であり、我々は、コントロールする方法とら同時に、自然の理解とつながりを持つことに努めることが大切なのではないだろうか?
自然エネルギーと言いながら、全く自然に目が向いていない…管理する側の方法は分かったが、実際に生活する人間の姿が見えない、そして自然とどのように関わっていくかも…

やはり住民が主体となってこれからのコミュニティが形成されることが望ましく、人々をつなげるモノはスマートグリッドではなく自然なんだと願いたい…

2011年6月16日木曜日

那須野が原生きものネットTV20110614

那須野が原生きものネットTV
6月14日、津室室川湧水地の様子をツイートキャストで中継しました。

那須野が原生きものネットTV20110613

那須野が原生きものネットTV

6月13日 那須野ゼロポインの様子を観察しました。

2011年6月14日火曜日

2011年度第二回エコレンジャー開催!

5月29日に開催予定だった第二回エコレンジャーは雨と主催者都合の為、
6月12日に延期となり、また天候が雨の予報で外での開催は危ぶまれましたが、皆さんの日頃の行いがいいのか、雨降ることなく無事に行うことができました。延期で日にちがヅレてしまい多くの方に
ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ないです。

最後にみんなで記念撮影しました。
みんなが持っているのは自作のザリガニのワナ

第二回の始まりです。
まずエコレンジャーは何をする人なのか?
隊員に確認してみますミ・ο・彡キリッ

「自然を守る人〜」という声が返って来ました。
では、何で守らなければならないのか?
その理由を一番大きな隊員に説明してもらいました。
自然はつながりあって出来ており、僕たち人間もそのつながりのひとつなんだよね〜!
そして今回の任務は「アメリカザリガニの捕獲」です。
もともとこの場所に住んでいた生きものが、たくさん集まってくらしてもらい、
つながりを強くしていってもらいたい。しかし、人間の都合によって連れて来られたアメリカザリガニによって、
そのつながりがコワレてしまうんだよね!
だから、連れて来られたアメリカザリガニには申し訳ないけど、この場所から出て行ってもらわなければならない。
そこでみんなに
捕獲して獲ってもらうんだ!

道具のタモ網とバケツを持って!

捕獲大作戦の開始ですッ!

みんな夢中になって、それぞれ工夫して捕獲任務にあたっていました。
今年は、三年間の成果なのか、あまり獲れずサイズも大きいモノは殆どいませんでした。
これはいいことです!

今回は自分でとったものでは、サイズが小さく観察するのは難しかったので、事前に他で捕獲しておいたモノなどを使い、重さや長さなども測りました。(測っただけで終わってしまったので、今後どうつなげるか?が課題)
観察しながら自分で気づいたことや発見したことを観察シートに記録して行きます。

みんなでザリガニの体のつくりや、くらし、元々のすみか、日本に来て増えてしまった原因などを考え、何でこの場所にいてはいけないのか?では、一体、誰がイケナイのか?
アメリカザリガニがいけないのかな?
他でもない人間がイケナイ…そこまで踏み込んで考えることが出来ました。

最後にアメリカザリガニを捕まえるワナをみんなに作ってもらいました。
さて!
今年も次回の会場であるせせらぎ広場、水車小屋の近くの池に仕掛けますが、
果たして獲れるでしょうか?
楽しみです!

今回も怪我もなく無事に楽しくできました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございまいた!

イオンデーブース出展20110611

2011年6月11日
イオンスーパーセンター那須塩原店にて、幸せの黄色いレシートキャンペーンの登録ボランティア団体として、
自然に目を向けるキッカケづくりを生きものを通して行うものです。

今回は土曜日ということもあり、いつもよりさらにたくさんのお客様に足を止めて見て頂きました。
ほとんど子供達を中心に途切れる時間がほとんどなく、様々な出会いや、コミュニケーションがあり、とても楽しかったです。

いつもの様に、
生きものとお話しよう!
ヤゴの観察し、体のつくりを見ていき、気がついたところから、色々と想像すること…それがくらしを想像することにらつながり、すみかへ、そして大きな環境へと話が進んでいきます。
今回も、その話に興味を持ってくれた子もいました。

今回はたくさんの生きものに出てもらいました。
カブトムシの幼虫やアメリカザリガニ、コクワガタにアカハライモリです。
皆さん、お忙しいなか、お立ち寄り頂きまして、ありがとうございました!

イオン黄色いレシートキャンペーン贈呈式

イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン贈呈式が6月11日にイオンスーパーセンター那須塩原店で行われました。
我が団体に、お客様より黄色いレシートご投函頂いた総額は
1,865,518円というスゴイ金額で、
この金額の1%ぶんの1.8700円分のイオンギフトカードを頂くことができました。

ありがとうございますm(_ _)m

今後の活動する際に必要なものを購入する時に使用させて頂きたいと思います。

2011年6月13日月曜日

ペレットストーブのカレーパン焼き実験

那須野が原生きものネットTV
たかやまさんちのカレーフェスタで、特別にペレットストーブのカレーパン焼き実験をさせて頂きました。

こんな感じですぐに焦げ目がつきます。まずは先に下の段に置き、パンの上面を焼き、その後、下面を焼くために上段に置きました。

焼きあがり〜♪
切ってみました〜
中のカレーはたかやまさんちのカレーです。
試食してみると、外は程よくパリパリ、中はふんわりの生地にカレーが絡みつきます(@ ̄ρ ̄@)

今後、ペレット普及と森林保全のために、こうしたカレーパンと一緒に売り出して啓発していき、活動の理解と出来たら援助をお願いしていこうと思います。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。