2011年6月25日土曜日

ここが侵入路?(笑)

6月24日那須野が原公園湿生広場
先日の保護している場所に人が侵入してしまった話をしましたが、さらにグチャグチャにされてしまった跡を確認しちゃいました。
どうしてこのような活動をし、柵を作って保護しているのか…
地道に伝えていく他ありません。

どうやら掲示板に手をかけて柵を登り入るパターンのようですね(笑)
理屈よりも先ずは覗いて入りたい!
そういう気持ちが一番先にくる。
そのことはイベントを何回も経験して、子供たちを相手にしているとよく分かりす。
気をすませてから、気づきを促す。
そこから考えてもらう。
与えられたモノではなく、自分で獲得したモノだから、自分のものになる。
そのことを再認識することが出来ました。

頑張りますo(^▽^)o

2011年6月23日木曜日

那須野が原生きものネットTV20110623

6月23日三島神社の様子。
今度の日曜日に行われるエコレンジャーの準備のため、朝に三島神社の池にある植物を採取させて頂きました。今回はセリがかなり伸びていました。

2011年6月22日水曜日

活動の意義を広めよう!

2011年6月21日那須野が原公園湿生広場へ朝に様子を見に行きました。
雨が降り始めな状況…
この間の週末が比較的天気が良く暖かくなって来たので、そろそろ来るなぁーとは思ってましたが、
とうとう来てしまいました。

柵の中に侵入して踏み散らして、水際を荒らし、せっかく植栽したものや、遷移によって植生が変化したものがグチャグチャになってしまいました。

もう何度も残念な気持ちになっていますが、何度も起こっても嫌な気持ちに慣れることはありませんね〜(~_~;)
写真では伝わりにくいのですが、過去に麻袋で土手を作った布をひっくり返してホジクッたり、植栽したモノを無視してグチャグチャにしてあったりと何とも胸が痛みます…

しかし…

多分、やった本人には、特に悪いことをしたという意識はないでしょう!

そこが問題なのです。
確かに厳密な制約やルールなどは謳っていません。
個人の行動に対して、とやかく言うほど権力を持っているわけでもありません。
ただ、活動としてこの池をたくさんの生きものが暮らせる環境を子供たちを中心とした参加者と作り、
地域の生物多様性を高め、自然とふれあい理解を深める学習の場として、少しでも地域に貢献しようというもの…
ただそれだけです。
何かを獲ろうとして柵の中に入って、穿り返したりした人も、ワクワクしながら探したり獲ろうとしたりしたに違いません…

問題は、なぜ、私たちがこうした活動をしていて、せっかくの池を囲い、入りずらくしているのか?
その理由を伝えて行くこと、そして理解して頂くことが大切なんだと思いました。

上の写真のような看板ポスターを掲示しているのですが、
まだまだ努力不足ですね!
さらにどうやったら伝えることができるか?
考えて行きたいと思います。

2011年6月21日火曜日

タフブネ田んぼの様子20110620

食糧自給自足へ向けての細やかな挑戦しているタフブネ田んぼ!
田植えをしてからどの位経つでしょうか?
根が浅いのではないか?と心配しておりましたが、風がビュービューでも倒れずにドンドン大きくなっています。

こんな感じて少しずつですが、葉が伸びているのが分かります。

あら?カメムシ…でも排除しません。
順調に育ってくれたらいいな♪

2011年6月19日日曜日

2011年6月座間谷戸山現場研修会に行ってきました。

2011年6月18日 神奈川県座間市の谷戸山公園でビオトープの現場研修会が行われました。
梅雨らしいドンヨリした天候で午後から雨が降ってきてしまいましたが、今回も色んな気づきのある研修会となりました。

始まる前の朝の様子
今にも雨が降り出しそう

午前中は湿生生態園で湿地の植生管理を行いました。
数年に及ぶヨシ刈りの成果により、かなりヨシの勢力がおさまり、背の低い植生が数多くみられる様になりました。
以前であったら、もっとボウボウにヨシが生えていたんですが…
目的を持ち、適切な管理をすることが生物多様性を高める上で重要です。

今回もたくさんの生きものと出会いました。
写真は、ヤマトクロスジヘビトンボらしい…
環境省が定めている水質指標では、「少し汚れた水」に生息する種類となっているそうです。

今後はもっと環境と生物の関わり方をより具体的に考えた管理方法の実験や検証が出来たら面白いですね!
キアゲハとセリの関係?
昨日発見したアカスジカメムシとセリ
カラムシとカミキリムシ…などなど

お昼に行われた、環境にまつわる気になる話では、
震災の話から、エネルギー、これからの日本のあり方と、自分たちの役割、今できること
我々はどうあることが大切なのか?
今のところ答えを出すならば、
「自分で考え、自分で決める」
主体はどこなのか?大きなモノに属して従っていれば安泰だ!という幻想から
そろそろ目覚めなければならないのかもしれません。
自分たちの生活を、自分たちの手で取り戻す。
大きなモノにが決めたシステムだけではなく、地域ごとに、多様なあり方が今後は問われるのです。
画一的な均質化されたものでは、人の幸せも、安心も対応できないのではないでしょうか?
その為にも住民自ら考え、自分たちが生活する場に積極的に関わり、作り出すことが重要なのだと思います。

午後、雨が強まってしまったので、ホトケドジョウの流れの環境創出作業はやめ、
おさまった後に残り時間で、二月に皆伐した長年間伐の管理をしてきた樹林の様子を見に行きました。

後で追記します。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。