2011年7月30日土曜日

カブトムシの罠作製完了!

7月31日に行うエコレンジャーに向けて、カブトムシの罠を作製しました。
とりあえず6つ作りました。
後は、以前に作っておいたバナナを焼酎で発酵させたものを入れて、木にしかけます。

2011年7月29日金曜日

改修した池の状況20110729

那須野が原公園せせらぎ広場の水車小屋近くにある池の状況です。

第三回エコレンジャーで、池に溜まっている泥をすくい上げ、土手を作り植物の移行帯(エコトーン)を作りました。
あれからどうなっているか?
少々微調整、補修をして形は整えましたが、植生などはいじってません…

どうやら、みんなで植栽した植物は繁茂して、さらに勢力を拡大している模様。

よく見ると、導入していない植物が!
ヤナギタデ?のようです…
池に落ちていた種から生えてきたのでしょう?
凄いスピードで成長しています。

湿生広場に比べると、とても早いスピードでエコトーンができています。
人為的な圧力がないからなのか?
その関係はわかりませんが、
ここで結果がでれば、エコレンジャー隊員たちのやる気もさらに上がるのではないでしょうか!
今後も報告していきたいと思います。

エコレンジャー活動記録展開催!

7月29日
例年はこの時期はほぼ晴れなんですが、ここ一週間、ぐずついた雨が降ったり止んだりする天気が続いています。
栃木県北部の旧西那須野町では恒例の「ふれあい祭り」が町を盛り上げようという若者を中心盛り上がっているので、この雨がなんとも恨めしい…そんな中、今年でなんと三回目となるエコレンジャー活動記録展が本日より、手作り感満載で地味に開催しております!
生きものをとおして、地域を考え、環境を考えて、そこから自分たちの生活自体を考え、みんなで地域にあった地に足をつけた暮らし方を考えて行き、実践していくことが、エコレンジャー本来の目的ですが、そんなことを考えるキッカケになってくれたらと思ってます。

今回で三回目!
大スポンサーが共催になっています。
年に一度の露出(笑)
他、企業のスポンサー契約受け付けております!

広い会場に去年と今年の活動の記録がスラリ!

なぜ、自然を守らなければならないか?
を考えるパネルや…

イベント中に、エコレンジャー隊員が自主的にザリガニが捕獲された場所を記録した地図を展示したり…

実際にイベントでしようした資料で、トンボのそれぞれのすみかや産卵方法を絵にしたものや

トンボのお面(これも実際に使用しトンボになりきってもらいました。)

公園で捕獲したヤゴやザリガニの観察や…

公園で見つけた実際の生きものマップなんかも作成出来たりします。

今まで沢山の方に参加して頂き、色んなはっけんや気づき、そしてなにより楽しい時間を共有することが出来ました!
本当にありがとうございます。
準備をして頂いた、緑の相談所の職員の方に感謝です!

2011年7月28日木曜日

那須野ゼロポイント20110727ショウジョウトンボ確認


7月27日の那須野ゼロポイントの様子。
午後・・・雨がポチポチ落ちてきた不安定な天気

入ってすぐの比較的狭い池に赤いトンボの
ショウジョウトンボを発見!
赤いけどアカトンボの仲間ではないのです!
この1頭しかいなかったのですが・・・♀が来てくれると良いね・・・・
止まる背の高い草がナカナカ安定してなくて
場所を探すのに苦労していたようです。
オオイトトンボの交尾の様子も確認しました。
導入されたアサザは花を咲かせています。
ゼロポイントの外の道側では蝶が飛んでいました。
モンキチョウ
これはキタテハ
幼虫の食草はカナムグラというツルのような植物を食べます。
成虫は花の蜜を吸うようですね〜。

2011年7月26日火曜日

カブトムシの罠用のエサを作りました。

ノムラホイホイという、カブトムシやクワガタ用の罠があります。
次回のエコレンジャーでは、前日に罠を事前にしかけておいて、当日に森や林を回って森にいるかどうかを確認して行きます。
そのために、おびき寄せるためのエサが必要です!
エサは樹液と同じような発酵した匂いの強いものを作ります。
バナナを焼酎につけて甘い匂いが出ればオッケーです。

まず、バナナの皮をむいて細かくします。

スプーンなどを使ってさらに細かくしていきます。

焼酎をいれます。割合は適当…要するに発酵すればいいのだと思います。

馴染ませて終了!
あとは何日間かおいて発酵するのを待ちます。
以上、上手くおびきよせるかどうかは、このエサにかかっていると思います。

津室川湧水地の様子

7月22日那須野が原地域にとって貴重な湧水地のひとつである津室川湧水地の様子です。

水辺は植物が繁茂している。

奥に行くと水面が見える。日陰で勢力が弱まったのか?

中型のトンボが沢山出ていました!

胸の黒い帯が途中でスパッと切れているのがナツアカネ!
これはアカトンボの仲間ですが、羽化して山に登ることなく生まれた水辺から少し離れた林や森に移動してエサをとって成長するのを待つようです。アキアカネのように高い山に上がって行くということはあまりない様です。

アキアカネ…
羽化して山に上がって行く途中で休んでいるのでしょう。

この時期だいたい見かけるのはノシメトンボですが、ここでもシッカリいました。

蝶々も幾つか写真撮りました。
これはコミスジ!幼虫の食草はクズやフジ、マメ科の植物を食べるようです。
今回、これが沢山飛んでいました。
周りを見渡すと林縁フジがありました。
クズも林縁に多い植物…なるほどそういう場所がコミスジのすみかとなるわけですね!

ウラギンシジミもいました。
こちらも幼虫の食草はフジやクズ…
コミスジと被っている様ですが、津室川湧水地の環境はそういった林縁環境のようです。
成虫のエサは動植物の遺体や、腐果、分泌物のようで、それを吸ったりします。
花の蜜などをすうことはあまりないようです。

2011年7月25日月曜日

那須野ゼロポイント20110725

7月25日那須野ゼロポイントの様子

 
日射しがあるものの、曇りガチで不安定な空…
トンボで目立ったのがシオカラトンボ
明るくて開けた水面を好む種ですので、
まさにココはそのような環境です。

 導入したアサザがケッコウ広がってきました。
そこに…
オオイトトンボを確認



オニヤンマを今年初めて確認したように思います。
突然、目の前で水の中にツッコんだので、
ビックリして急いでビデオを回しました。

湿生広場の様子20110725




7月25日那須野が原公園湿生広場の様子です。
一昨日に給水し、週末だけは通常どおりに水が流れるので、
水位は維持されておりました。

いつもこのぐらいの水位が保たれていたらいいのですが
エコレンジャーで植え付けたセリなどは地下茎を伸ばしている。
過去に、何度もこうした光景を目にしてきたが、ことごとく虫に食われたり、
アメリカザリガニに茎を切られてきた…
保護している場所とは反対側の植生がウマく行っているのが皮肉なことだが、
それでもこの植生がウマくいって、さらに増えていってくれたら、
この池の多様性が高まり、さらに多くの生きものの生息空間となります。
保護している部分の水辺も植栽したものは善戦していると思います。
一種単体よりも様々な植生の中にあったほうが、様々な障害から生き残れるように感じます。



週末限定の跡…
人工的な動力がなくては成立しないモノを
そもそもビオトープとは呼べない。

タフブネ田んぼの様子20110725

7月25日
日陰に入ってしまった頃のタフブネ田んぼの様子です。

何とかまだ成長はしているようです…(笑)

以前、成長が遅れ水がなくなり枯れかかっていたモノを左右反対にして日の当たりを変えたフネですが、さすがに成長を取り戻すのは無理かもしれませんが、何とか持ち直したようです。
あれご後後、どのような影響を及ぼすかは、なってみないと分かりません。

少し日射しがあったので、太陽の熱を利用する実験も一応実施しておきました。
まぁ、それなりに温かくなってました…
今度、温度計を買って具体的な温度を測りたいと思います。
カンカン照りの時なんかは、本当に触れないほど熱くなるんじゃないでしょうか?
それを風呂に入れればガス代が浮きます!

2011年7月24日日曜日

23日の続き・・・給水完了!

7月23日那須野が原公園湿生広場の水がなくなってしまい
連絡をしたら、すぐに職員の方に対応して頂きました!!
本当にありがとうございますッ!
迅速な対応!
みるみる満たされていきます!
水が入った途端、トンボが近寄ってきました!
目立ったのはオオシオカラトンボにシオカラトンボ♀です。
あとで、クロスジギンヤンマの♂も確認しました。

30分かけて給水終了!
休みなので、出口の積み上げて塞き止めている石を崩して
水が抜かれないのを祈るばかりです・・・

人工的な環境を、人為的なモノから守るのが実は一番大変な気がします。
 

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。