2012年1月23日月曜日

2012年最初のビオトープ現場研修

1月21日
神奈川県の座間市にある座間谷戸山公園にて
ビオトープ管理士の現場研修会が行われました。
新しい年のはじめの回なのに、残念な天気…雨です。
状況を見ながら、予定を変更して谷間になっている谷戸の水路の整備を午前中に行うことになりました。
水鳥の池…今年はこの場所をカイボリする予定だそうです。
水際に水草が生えないので水質が悪くなる一方…その改善策も考えなければなりません。
お金をかけずにそうした工事を自分たちでどこまで行えるか?
それを市民と一緒になって行う仕掛け、舞台を作ることも我々ビオトープ管理士の仕事なのです。

水鳥の池で雨がどれくらい降っているかがわかると思います。
降ったりやんだりですが、終止こんな感じでした。

 
谷戸山公園はYの字に谷間ができており、その先から湧き水が出ており昔は棚田になっていましたが、
現在では何もない湿地です。
二つを北谷戸、南谷戸として、それぞれにホトケドジョウがすめるような水路を造成しました。
上の写真が北谷戸の水路の状況
現在の問題点は、谷戸全体を湿地状態に保っておきたいが、水路を作ったことによって水路に水が流れてしまい
湿地が乾いてしまっている。
ホトケドジョウが生息するには水路が浅すぎる。
写真のように水路と林縁が(というよりも樹林の中に水路がある状態)近くなりすぎて日当りがあまり良くないのことで、
水路に水草が生えない。
ホトケドジョウは水温が低く、水草が生えている環境を好むので、水路が浅くても、水草がないのも問題
昨年から、水路自体をいじるのではなく、その側の林縁の間伐を行って、水路に光が当たるようにしています。


少しずつ行ってきた間伐作業も、かなり林床が開けてきた感じです。
春になって、どんな植物が顔を出すのか…楽しみです♪
ジャノヒゲが実をつけてました。
聞くところによると、この奇麗な青い実は、これ自体は果実ではなく種なんだそうです…


午後は、雨も降っていたので、
ゆっくりお昼を古民家の事務所の中で食べて、先ほどあげた問題点をどうするかを話し合いました。
・水鳥の池でカイボリを行う際に、問題点とやることの確認、方法の検討
・北谷戸にホトケドジョウがくらすための方法と湿地を維持するための方法
水鳥の池に関しては、水質を改善するためにも植物を繁茂させる必要があります。
水際に植栽したカゴを広い面積で設置することが有効なんじゃないかと思いますが、それを機械を使わずにお金をかけずにどのように行うか?大変だけど、これからの地域のあり方を考えた場合、自分たちで何かをやろうと思ったら絶対に必要な態度だと思うのです。
自分たちの環境を自分たちで守るっていうのは当たり前だけど、現在、そういったことはほとんどされてませんよね?
あっても変な強制的で嫌々な何が目的かワカラナイような草刈りとかぐらい…
やらされている感ではなく、主体的に関われるような仕組みが必要なのだと思います。
北谷戸の水路に関しては、一番上流でため池をつくり、畦で水路とため池を区切り、均等に水を流していくのがいいのではないか?
ということになりそうです。
これも大変な工事になりそう…ワークショップ形式で地域住民の参加を多く呼びかけてやったらどうでしょうか?と
思ちゃいます。
そんな感じで、今回もいろいろと学べた研修でした。

Posted by Picasa

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。