2012年2月8日水曜日

今、考えてる軸のようなもの

ちょっと色々と考えていて
やりたいことが散漫になっているような気がしているけど、
その軸はどこあるのか?
いったい何がしたいのか?を
整理したいと思います。
手段だけに固執してしまうと
なかなか優先順位がつけられないのですが、
僕の中では、今までやってきた人と自然とのつながりを作るキッカケづくりも
そうした手段の一つであり、
これからの「生き方」の指針を自然に求めることなのですが、
根本は「生活」する「空間」に興味があり、
そんな場所を自分自身で作りたいという欲求が昔からあります。
自分が生きやすい、自分の居場所を作りたいだけなのかもしれませんが、
何でも与えられていることは、実は不自由なことなのだ…と思います。
だから自分で管理できる場所を作りたい。
拡大して、地域の人も自分自身で住んでいる場所を管理できるような仕組みを作りたい。
その方が自由だし、自分たちで管理してる分、安心もできる。
今の問題は、知らないところで色々と動きがありすぎる。人に自分の生活を委ねているようなものなんです。
と、
そんなことを思う今日この頃です。

以下、自分の思いをグダグダと綴ってみました…
これが今考えている企画などの「心」です。

危機感を感じています!
あまりにも自分を含め大人も子ども、与えられていることに慣れてしまっていることにです。
生活に必要な食糧、エネルギー、移動手段、すべてが当たり前のように与えられ、
私たちは「生活」自体を考える必要がなくなってしまったように思います。
「働く」ことは正しいことです。
働いてこそ自己実現が、自分を表現することができるのかもしれません。
働いてお金を稼ぎ、何不自由なく生活する。
素晴らしいことです。
しかし、必要以上に私たちは物をもっていないでしょうか?
本当にそれ以上の物がいるのでしょうか?
「お金は何のために稼ぐのか?」
根本的な問いかけに答えられる人がどれだけいるのでしょうか?
もし「生きる」ためだけだったら他に方法はあるのではないか?
我々は「生きる」ために原子力発電所を作り、危険を冒してまで多大なエネルギーを得ようとしている。
使っても使ってもドンドン溢れ出るエネルギーを元に物で溢れた豊かな生活をしようとしている。

この矛盾に気がつくはずです!

すでに危険が現実のものになった…

ダマされたという声が聞こえます。
確かにそう、ウソをつかれダマされました。
しかし、私たちにそれを見破る能力もなかったのも事実です。
イメージ戦略、コマーシャルによって目を逸らさせられてしまった失敗をもう一度繰り返さないためにも

そうしたものを見破る能力を身につけましょう!

そのためには
僕は、自然との関わりを取り戻す必要があると考えています。
現在の日本人のほとんどが人の頭の中だけで考えられた社会の仕組みの中で生きています。
これは養老孟司さんの言葉を借りるならば「ああすれば、こうなる」という世界です。
それに、何も考えずに理論だけで従ってしまっての結果が今の状況です。
東日本大震災以降「想定外」という言葉が多く使われました。
まさに「ああすれば、こうなる」の破綻です。
人間は自分たちの想像の及ばない一部分で生きているという
至極当たり前のことを再認識する必要があります。
この世界は、私たちが計り知れないことだらけでできている。
そうした想定外だらけのものと試行錯誤しながらつき合うことで、
何かの情報が入ってきても、それを鵜呑みにせずに、自分で考え判断するという態度が当たり前になると思います。
何かが起こる前に、または起こった時に、頭ではなく動物として、これはちょっとオカシイゾ!
何か変だ?!
という感覚が復活するかもしれません。
生活の中にこの「試行錯誤」が入ることにより「与えられる」ことから脱却し、
主体的に自分を生きることができると思うのです。

自分を生きるとは、自分自身を知ること。
自分の生活に必要な「量」を知ること。そうすることによって「与えられる」ことを止め、
自分で獲得する方法を考えることだできる。
自分の量を知ることで、人に使われることなく主体性を発揮することができる。
それこそ創造性溢れる生活だと思いませんか?

語っているだけでは物事は進みません。
自分自身もはやくどうにかして自分の生活を生きるようになりたいと思っています。

そのためにはまず自分を開放することが必要なのだと思います。
森の中で、様々な生きものからインスピレーションを得ることもそうですし、
自分の体を意識し、体の反応のままに過ごす時間も必要なことだと思います。

今、僕がやりたいと思っていることは、
そうした自分も含めて解放できるキッカケを少しでも作りたいということと、
フワァっとした受け皿のようなもの、つながりで生きて行けるような社会を
みんなで考えられたら最高だと思っています。
しかし熟議で理想を語った所で、それは偏った社会になるのでしょう…
少なくとも、人が人をダマして利益を集中させるような世の中を続けて行くようなことはしたくないです。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。