2012年2月19日日曜日

二月の座間谷戸山ビオトープ現場研修へ参加しました

2月18日神奈川県座間市の谷戸山公園にて
ビオトープ管理士の現場研修が行われ今月も参加させて頂きました。
スッキリ青空!この日は朝に東京でも雪がウッスラ積もっていました。
日差しはとても暖かいのですが、風が冷たい〜
今回は前回雨で出来なかった皆伐した樹林地の下草の苅りの作業です。
ニセアカシア(ハリエンジュ)、カラスザンショウ、アカメガシワを主に抜き取ります。
かなり採ったように思うのですが、目立たないだけでかなりあります…(汗)

地道な作業風景
静かなユッタリした時間が流れます。

今回、ちょっと注目したのが、トゲと根
最初、ニセアカシアとイヌザンショウのトゲが同じに見えて、同じものなのに、根が違うなんて言っていたら
本当に違っていました…良く見ないとダメですね。思い込みは行けません。
よく見ると葉痕の周りに対になって付いているのがニセアカシア。こちらの根は這うように長く横に伸びます。

こちらの写真がイヌザンショウ トゲは葉痕の周りには付いていなくて、単一についてます。
根は黄色く、細かいものがたくさん上側に付いています。

こっちがカラスザンショウ これは明らかにトゲは違いますが、根はイヌザンショウと似ている…
根の匂いを嗅ぐと、イヌザンショウ、カラスザンショウ共ににおいはほのかに柑橘系の匂いがする。やっぱりミカン科の植物です。
どちらかというとカラスザンショウの方が匂いはキツいですね〜
一部、5メートルの区画を抜き取りをしない場所を作っておき、比較してみることにしました。
午後は、谷戸の水路の管理を行いました。
前回、雨の中かなり間伐が進んで、残りは大木だけになってしまい、伐採はできないので枝打ちをしようということになり、
今回はそのための方法として木に登る方法の「ぶり縄」を試しにやってみました。
写真は先生の石川啓吾氏が色々と自分で調べて来て実践している様子。右上に上っているのをみんなで見ている。
 
で、実際に僕たちもやってみました。
怖いのでグルグル何回も縄を巻いてしまいましたが、
ユーチューブに他にプロがやっているの映像があって、けっこうシンプルにあっさりやっている…
リンク貼っておきます。
ぶり縄登り方講座




前回、間伐した場所の様子
春に何が出てくるか楽しみです♪


今回はぶり縄で枝打ちはせず、反対側の水際の部分を今度は間伐することに…
この谷戸もかつては田んぼであったのですが、減反政策により手つかずの状態になりました。
ここをホトケドジョウがくらせる環境にするということで、水路を作ってきましたが、
あくまでこの谷戸を全体的に湿地として維持させたいので、中央部が乾いてアオキがはえてしまっている状況から
水路と湿地を竹の半割したものを並べて区切り、かつての水路と田んぼのように分ける作業を行うという事です。
水辺を管理する上で、いかに水田が合理的だったかというのがよく分かります。
本当、こうした生きて行く上で蓄積し受け継いで来た知恵を、途絶えさせてしまってはいけませんよね〜

主に常緑のアオキ、シラカシ、ヒサカキを刈って行きます。

今回は、先生と仲間たちと密に意見交換ができて、とてもよかったです。
今度の2月27日にサティシュ・クマールさんの講演会があり、そこに僕も、先輩の方も行くのですが、
彼の言っている「自然主義」にこれから移行していくべきだと思っています。
自然の許容量のなかで、それに根ざした生活をしていく。
自分たちの必要な「量」を把握して、自分たちで手入れをして生活をしていく。
何だか分からないものに依存し、自分たちの生活の主導権を奪われるようなやり方はもう要らない。
エネルギーや食料の生産の仕方を我々の手に取り戻す、ハイテクな技術と手仕事の間をとるシューマッハーが言っている「中間技術」っていうのが必要だと思います。
それを仕組みとしてみんなで考えて行く事が、そんな場を作って行く事が僕の仕事だと思いました。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。