2012年3月12日月曜日

3月のイオンデー出展しました!

3月11日…東日本大震災から一年。
一年前のこの日、ちょうどこのイオンデーへ出発しようとした時に地震が起こりました。
やっとこの日にブースを出展できた…一年越しです。
午後から、肥田先生の講演会があり、そちらのお話をどうしても聞きたかったため、
午前中だけ出展させて頂きました。
 いつもの出展内容から、ちょっと新しい試みを…


 今回は短時間だったため、ヤゴだけの観察と
 新しい試みとは、先日、ビューティフルサンデーで行った
贈与経済をここでも行ってみたということです。
お金の無い取引をすることによって、わざわざ「お話」、「交渉」という手間をつくり
コミュニケーションをお互いにとるようにしています。
お金はスムーズな交易を可能にしますが、結局、そこでのやり取りは、商品と価値のごく一部しか見ないことになってしまい、それ以上の話が生まれません。
先日、某各地に展開している24時間のスーパーのレジで、学生のような男性が行っていたのですが、覇気も、気持ちもこもっていない接客…彼にとっては、自給のバイト料しか興味がないのです。金だけのために自分の時間を売っている。それ以外の付加価値が、その場を自分で作ることもできるのですが、作ったのは、僕が彼に対して思った接客の悪さの不快感だけです。
人との関係自体に目を向ける。
それは一つ一つが大切な出会いなんだと気がつきました。
そんなところでも自分の労働を搾取されていることから解放することができるのではないだろうか?
真の創造性とはこうしたところにあるのではないか?と最近思っています。


 ブース出展、早速、ヤゴに興味をもった親子と話が盛り上がり、
ローカルトレードも行いました。
自分が得意なものを、相談しながら書いてもらいました。
言うなれば、僕はバイヤーみたいなもんです。
彼の能力や可能性を買い付けるんです。
本当は、僕の厳しい目で、取引が成り立つかどうかを考えて、
その先にこちらが今度の取引に使えそうなものだと見極めなければならないのですが、
新しい取引(本当は、根源的な取引なハズですが)のカタチを知ってもらい、
その意味について考え、気づいて欲しいからです。
お金によってどれだけ大切なものを切り捨てているか?を
このような体験を通して、大人ならば実感できると思うのです。
何でも「お金がない」だけで諦めて欲しくない
自分自身がお金であり、その能力を考え、活かすことで、取引ができるということを
実感して欲しいのです。
 今回、こんなものを持ってきてくれた人もいます。
また新しいアイテムが増えました。
どうやってこれを売ろうかな…
その方法も本当は一緒に考えられると良いんですが…
 今回、これだけ取引が増えました。
とりあえず、どんなものでも吐き出してみる。
もしかしたら何かと結びつくかもしれない。
ネットではなく、その地域でしかみれないローカルなコミュニケーションテクノロジー
りゃくしてLCT
ICT:インフォメーション&コミュニケーションテクノロジーに
アフファベット順で…IJKL…の
真ん中のJ(時間)とK(環境)を足すことで
次の時代のつながりのあり方になります。
ラティスのように、シナプスのように、個人、個人が結びつく
一元管理ではなく、その人のところに行けば、あの情報は手に入る…という感じ
それによって様々な交易がおこるのではないだろうか?

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。