2012年6月10日日曜日

大日向マルシェが雨でも開催!

6月9日
とうとうこの日、関東地方でも梅雨入りが宣言されました。
昨日はあれほどスッキリ晴れていたのに、この日は降り続き
強くなる瞬間もありました。
しかし、大日向マルシェは「日常」をテーマにしているので、
雨でも開かれました。
私の那須野が原生きものネットワークは、現場に行って
状況を見て出展するかどうかを判断しましたが、
やれそうなアイデアが出ずに、皆さんとおしゃべりが楽しくなり
普通に楽しんで来てしまいました(笑)
 白いテントが栄える。即興な手作り感がいいですよね。
 僕が大好きな図画工作家の熊久保正朝氏が手がけるプロジェクト、
ナントカ商店野窓屋。

今回は本屋さんだそうです。
一見、オシャレにディスプレイされていて、何の販売をしているかが分からないのが
とても面白かった♪
一押しで売り出しているのが氏の友人であるフォトジャーナリストの小原一真さんが出された写真集…

「Reset Beyond Fukushima」

これは…凄すぎます。
現在、この日本で、今、この瞬間にも福島第一原子力発電所で作業員方たちが懸命になって事態の収束するために働いて下さっている。
その上で今の我々のくらしが成り立っている状況なのだ…ということを
あらためて思い知らされました。
ザワザワするというか、ぎゅぅーッと胸が締め付けられるというか…
イベントか何かに持って行こうと思うので、見たい方は是非!
熊久保氏に注文すれば購入もできるので、よかったら連絡下さい。
小原さんのサイト→ http://kazumaobara.com/

今回もケッコウ大量に食材を調達しました。
ブローカーに間違われたくらい(笑)

生きものが、その地域で生態系を作るように、
僕たち人間も、自然の生態系のつながりと、
その中で人間同士の生態系を作って行く事が必要だと最近考えています。
それは自然の生態系の中で暮らすことと直結していることでもあると気がつきました。
地に足がついた生き方をしている人は、
自らの地域の環境に目を向け、手入れし働きかけながら
生きているからです。
大日向マルシェはそうした人間同士の生態系をつくるキッカケ、
地域の生態系を取り戻すための人間の営みを回復するための場所のような気がするのです。

機会がありましたら、これをたまたま読んで頂いた方も是非おいで下さい。
11月まで毎月第2、第4土曜日の午前中までやっております。


那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。