2012年7月17日火曜日

商店街を見て「土」を思う。

自分たちの発展のためならば、どんな手段でも使う。
そんな目先の話はやめましょう。
というのが反原発。
これは何も原子力発電所だけに限った事ではない。
自然環境や自分たちの生活環境を破壊されていることに気がつこう。
大きく、力の持ったものしか生き残れない。
全く調和のとれていない状況だと気がつこう。

この写真は僕の母の実家の近くの商店街の様子です。
祝日の夕方だというのに、この閑散とした姿。
しかも開いているお店がほとんどない…

かつては人で溢れかえっていた商店街だったと母から聞いた。
そして僕が幼かった時、東京に遊びに行くと、
夕方の買い物の活気づいた雰囲気がまだ残っていて
何となく華やいだ気持ちになったのを普通に覚えている。

だからショックだった。

最近、生きもののことについて、
人間の社会についてのどう思うかばかりを書いていますが、
こうした社会の仕組みがシッカリできていないと、
森や川、海も守れないのです。
守るというのは人間が暮らして行く為に、
生きものの多様性を高め、そのバランスをとっていく…
それはコントロールするという感覚よりも、
刻々と変化する自然の営みから、
状況を仮定して、試行錯誤していくということなのだけど、

動機付けが「お金」だけになってしまった現在の仕組みでは
その試行錯誤が出来なくなってしまった。
むしろ「お金」にならないことはやらないし、
「お金」のためなら、破壊しても平気になってしまった。


話が脇道に逸れた感じですが、
結局、その延長線上に、こうした疲弊してしまった商店街が各地にある。
これでは大きなスーパーが、この地域から撤退してしまったら
人々は遠くまで買い物に行かなければならなくなる。
お年寄りは生活できなくなる…
さらに「お金」がかかるようになる。

だから社会保障が賄えない。
増税するほか無い。

さらにさらに…
と負の連鎖は続く。

高速から撮ってもらった東京スカイツリーのピンボケ写真ですが…

そこからは東京スカイツリーはすぐ近くで見える。

まるで地元の商店街というなの土の養分を吸い取って
ニョキニョキと成長したように、そこに人を集めて、
お金を落とさせる算段だ。
21世紀に入って、景気が落ち込んでからも、
大小合わせれば、一体どれくらいの再開発が行われてきたのだろうか?
元々あったものを壊し、新しいものを作り、
人の流れを、生活を変え、
結局バランスを崩された力の弱い者は、
どうしようもなくて、それに従うしかない。

そうこうしているうちに、取り返しのつかない自体に陥っている。
土が渇き、カラカラになり、元に戻せないんじゃないかと思うような状態に…

エネルギー問題、原発の問題というけど、
根本は、こうした社会構造の問題なのだ。
もしかしたら、一部の人間に牛耳られて世界は動かされているかもしれないし、
もしかしたら、人間の本能的なものなので、これは仕方がないのかもしれない。

しかし、普通に、穏やかに争いごとなく暮らしたいというのが
殆どの人間の気持ちなのではないか?
なぜ、奪い合うのだろうか?
みんなそんなつもりはないところで、
結果的にそうなってしまっているところに、
この問題の難しさがあるのかもしれない。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。