2012年11月22日木曜日

森と人をつなぐアイテム!

僕たちがくらす環境である森などを保全していくには、
森と生活と結びつく手だてを考えることが
一番自然なことだということに活動を通して気がつきました。

そのためにペレットストーブの代理店を始めたのですが、
かつては日常で使われていた地域の資源を
もう一度、取り戻す方法を色々と考えて行きたいです。
それは、ライフスタイルまでも考えるということになってしまうのですが、
それも活動の一貫だと捉えています。
最終的にはそこまで実践していかなければ
本当に保全などはできないと思います。

写真は、地元の農家さんや加工品の生産者さんの開く日常の市場である
大日向マルシェでの一コマ。
ペレットグリルヒーターの'きりんくんⅡ’を使い
スープを温めて、継ぎ足しを行っている様子です。
こうしてペレットで煮炊きも普通にできます。
これは森と人をつなぐアイテムの一つです!

私たちの使うエネルギーの2/3は熱だと言われています。
それを電気だけを使って行うというのはあまりにもナンセンスだと思いませんか?
また、外国から油をかったり、ガスを買ったりしていて、
自分たちの地域の森が荒れ果て、働く場所がないというのも
オカシイと思いませんか?

そんなことをこれから一緒に考えて行きませんか?



ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。