2012年11月29日木曜日

畝立てのつもりが歓談タイム(笑)

11月28日
今回も森と畑をつなげる活動として、
そして自分の食糧自給率をあげるために
たんじゅんファームで作業をしました。
今回も畝立てを一本!
なんだかドンドン畝を立てる話が増えているのは気のせいでしょうか?
どこまで広げる?たんじゅんファーム…
とりあえずできるところから、出来る範囲でやっていきましょう〜


寒いのでコイツの出番だぜぇ!
もう定番になってきた、きりんくん
しかし、こいつを囲むのが楽しくて…

とにかく畝立て
幸運機(耕運機)のアレクセイを操作する
オグちゃん

耕した土を畝に盛って行きます。

3時…休憩
ここで採れた安納芋を鍋に入れて蒸したら、
これが美味い!
三人でストーブを囲みながら、楽しいおしゃべり…

と思っていたら日が暮れるのが早くなっているのを忘れていて
慌てて残りの作業をすることに…汗

今回はかなりユルく作業することになりましたが、
本来、働くとはどういうことか?
そして仕事で、何故、人はイライラするのか?
ストレスを抱えるのか?
そういうことをずっと考えてます。

一つの原因としてエゴがあるように感じました。
人をアテにせず、期待をせずに、自分のやれることをやる。
その中で、人が同じようにやってくれたり、応援してくれることに感謝すれば
幸せな気持ちで満たされるのではないかと思います。
なんでも、無いものネダリをすると、そうした力は逃げてしまい、
結局、本当に無いものになってしまう。
人が自分をどう見ているとか、自分はこれだけやっているのに分かってもらえないとか、
本来、何のために自分自身がやっていたのかを、
ついつい忘れてしまいそうですが、
人が自分の思う通りに動いてくれるなんて、最初から思っている事自体が間違いであり、
そこでイライラするっていうことは意味がないことなのだ…と
だから、自分の気持ちのまま行けば良い。
それが生きる技術であり、人間関係をうまく行かせるコツであり、
自分自身の能力を発揮させることであると思いました。
今日も、人が何をするか?させるか?ではなく、
自分自身が何に働きかけることができるか?
そこに集中して生きて行きたいと思います。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。