2012年12月6日木曜日

現在からあたらしい生態系の景色へ(贈与経済2012)


昨晩、友人でもあり、兄貴のように慕っている図画工作家の熊久保正朝氏と話をする。

心に残るというか、キーになった部分は、やはりこれからのこと。
経済成長という前提から問い直さなければ、本当の今ある豊かさに気づくことができないのではないだろうか?
しかし、今までの日本を作り上げ、支えてきた人が、社会的な弱者となり、
簡単に彼らのやってきたことを否定し、差別し、新しい社会のあり方みたいなものを偉そうに押し付けることはできない。そうした人たちの恩恵を受けながら今までの日本の繁栄がありながら、後ろ指を指すし敗者のように扱うことがどうしてできようか?

この疲弊した状況から抜け出すことができない状況になっている。
そもそもそんなこと状況に陥っているとうことすら気づかずに、未だに強壮剤を打って、よく分からない競争をして戦わなければならない人が殆どだろう…
そうした人々が気がつけば自分の住んでいる村にたくさんいた。
村での自分と、町での自分のギャップ
自分の考えを理解し、共感してもらうためには?
弱い人を救おうというのはオコガマシイけど、どうやったら皆が、それぞれ自分自身を活かしながら
誇りを持って生きて行くことができるかを考えて行きたい。
結局自分はそこでそうした試行錯誤を行ってきているのだという話

僕はここ数年間、自分なりに活動してきて、一つの結論というか、ある種の方向性を持つことができた。
それは、
人を含めた、いわゆる自然や環境へつながりを持った生態系を、それぞれの地域で作って行く。
多様な人の多様な考え方を、もはや一つの枠組みで縛ることはできない。
従うとすれば、唯一、自然の摂理だけだろう。
そこを守り自分を活かしながら働きかけていくことで、生態系は出来上がって行く。
人がそれぞれ活き活きと自分を活かしながら、居場所をそれぞれが見つけて、人と、環境とつながりながら無理なく生きて行く上手い方法はないのでは?とすら思っている。

ここで芸術が大きな役割を果たす…

芸術とは、生きていくための技術。生き残るための技術…それは坂口恭平氏から学んだことだが、
まさにそうで、生態系を作るためには、個人がそれぞれ自分の持っている能力に気がつき、
それを自己実現ではなく、自分の周りのために使う。働きかけていく。

自分の能力を大地に贈与しよう。
それが贈与経済だ。

そうした技術が芸術であり、滲み出たことが表現になるのだ。
つまり生態系とは、その地域の景色とは、そこに息づくすべての生きものの総合芸術なのだ。

無いものをネダルのではなく、自分にあるものに気がつく。
それを伸ばし磨く。そこから始める。
そうすれば、自ずとそれが人とつながるキッカケとなり、交易が生まれ、経済が生まれ、生態系が出来上がる。
そんな景色を作る作業が、来年見れるかもしれない…
チョッと楽しみだ。



那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。