2012年12月21日金曜日

冬至にカボチャ

今日は冬至、一年のうちで夜が一番長く、昼が一番短い日。
季節は人の営みに左右されずに淡々と移り変ります。
そう、私は、そうした大きな流れの中で生きているのだなぁ〜と
とても強いつながりを感じることができます。
そしてこんな風に、毎日を送れるのも決して当たり前ではないのですよね。
大きな流れは同じように回っているようで、一度として同じ時はないのですから、
いつどのような事が起こるなかなんて誰にも分かりません。
この日を生きれることに感謝です。

最近知ったのですが、
冬至の日にカボチャを食べる風習が日本にはあるようですね…
冬の寒さに耐えられるようにビタミンなどの栄養が豊富で、日持ちがするカボチャは
とてもいい食材だったそうです。
昔ながらの知恵って本当に凄いと思います。
威勢よく「日本」一丸となってと、一つの価値観だけで物事を進めていく方向ですが、
そうしたことよりも、地域地域で培われ育まれて残って来た知恵や技術を大切にし、
それぞれがそうしたものを大切にしていけばいいと思います。
お手伝いさせて頂いている「たんじゅんファーム」からもカボチャを何種類か頂きました。
どんな味がするのか?
調理して食べてみたいと思います。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。