2012年6月23日土曜日

梅雨なのにとても爽やかな大日向マルシェ

6月23日
梅雨の中休みで、風もそれほど強くなく爽やかに晴れた土曜日の午前中
日々の日常の一コマを目指した市場、大日向マルシェが開催されました。


今回も生きものネットワークは、生きものポストカードと
身近な生きものから環境を考えるキッカケ作りのブースのハズでしたが…


森で暮らそう。

あれだけの大事故があり、
今、この瞬間にも苦しんでいる人や懸命に現場で事態を終息させようと最善を尽くしている人がいる中、
そして、昨日も首相官邸前で抗議集会があった、そういうデモが沢山あるなか、
原発再稼働をドンドン推進していく現政府。

みんな、危険なことを承知で今の暮らしを続けて行くことが良い事だなんて思っていない。
しかし、そうしないと今の生活を維持出来ない…国が立ち行かなくなる…
というのが現政府の言い分だ。

どうせ立ち行かなくなるなら、少しでも危険が無い方を選択するべきではないだろうか?

何に対して不安に思うのか?
もう一度、考える機会が必要だ。

ヘンリー・デビッド・ソローという人が昔いたそうです。
森に入り、自身の生活を記録した本を書いた。
僕らは、自分の生活にどのくらいのエネルギーや食糧、水が必要なのか?
何一つ把握していない。
その状況の中で、原発が無いとダメだと脅されても、明確に、感覚的にNOを突きつけられない気がする。
いいえ、僕たちはこれだけの量があれば大丈夫ですから、政府さん心配しないで下さい。
と言い返せない。
そこに違和感を感じるので、自分で自分の量を測ることから、本当は始めたいと、僕は考えている。

以下のリンクのソロー語録…痺れる言葉が沢山あります。
魅力あると思うので、是非!
http://okanejuku.blog92.fc2.com/blog-entry-666.html

2012年6月22日金曜日

那須セミナーハウスのビオトープ池の様子20120622

今日も、那須セミナーハウスの様子をチョッと見てきましたよ。

午前中はこんなに日差しがありました。
トンボが来ないか、しばらく待っていたんですけど、
さすがにすぐには来ないようですね〜
逆に、本当に来てくれるのだろうか?
不安でもあります。
なぜなら生きもののための生息環境を創出するためなので、
生きものが好んでやってこなかったなら目的が達成できません。
また、来ないという事は、何らかの原因があるということなのです。
近くの池に居て、ここには来ない理由。
万が一、何も来なかったなら、こうしたことを
みんなで考えて行くことになります。
すべてが環境を考える教材として池自体は機能するワケです。

東京スカイツリーはかっこいい?

新しい東京の名所として
最近少し話題になりました東京スカイツリー…
東京の風景がもう数年前から変わりましたよね?

2012年6月18日月曜日

アジア学院第二回エコレンジャーを開催しました。

6月16日
那須セミナーハウスにてアジア学院第二回エコレンジャーを開催しました。
雨は小降りだったので、室内でお話してから、
実際に池型ビオトープ造成の続きを行いました。
まずはエコレンジャーとはどんな人?というお話

そこから近くの池で捕れたヤゴを観察しながら、
ヤゴとお話する方法を考えます。
みんな夢中で観察しながら考えてくれています。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。