2013年2月8日金曜日

実験的おもてなしパーティーを実施しました。

昨年、那須にあるOursの森に可動式の建物、いわゆるモバイルハウスを建てたのですが、
秋までは大日向マルシェで使用していたものの、空いている時の利用方法を模索しております。
そもそもこれを作った理由は、
ビオトープを創出、保全と同じ理由であります。
それは、自分たちの環境は自分たちで手入れし、管理しながら暮らして行く。

誰かに任せて、その上で生活するのではなく、自分たちの生活は自分たちで作る。
そうすることでしか、本当の意味で環境の保全はできないし、
自然の許容範囲の中で足るを知りながら慎ましく心穏やかに暮らすことはできないのではないだろうか?などと思ってしまっている今日この頃です。

そんな中、その手作り、手仕事を体感してもらうためのパーティを密かに開催しました。
要するにキャンプみたいなノリなのですが、
地域で、なかなか人間関係がなければ得ることのできない食材も絡めつつ、
お世話になっている人を招いて楽しく作り、語り合ったのでした。
もう少し修正して、今後、実施するかもしれません。








ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。