2013年7月24日水曜日

【雑感】2013/7/24

夏休みに入り、平日でも温泉へ行くと、子ども連れが目立つようになった。
普段、成り行き上、環境学習などを行う縁で、子どもと接する機会が多くなり、
子どもを相手にするのが得意で、大好きだと思われがちな自分ですが、
実は、ケッコウ苦手…
なんだかんだ必死なのです(笑)

そんな時期の温泉での出来事…
あるお父さんと男の子2人が入ってきて、ひとりは奇声を発し、プールのようにバシャバシャと入ったりしている。片方の方は少しは落ち着きがあるようだが、お父さんは、目が放せないのか、全く温泉に入れず、しかし怒ることもなく、見張りながら、人に迷惑をかけないように両方を見張りながら、注意をする。。。片方は落ち着き無く動く。ゴミ箱みたいなものを水風呂にいれて、僕が入ろうとすると、お父さんが飛んできて、それを片付けるといった始末…
途中、この子は少し普通とは違った、いわゆる障害をもっているのだろうか?とも思ったが、
でも、ごく普通そうな小学3、4年生くらいだった。
お父さんがいなかったら、正直、叱るところでしょうが、この場は目をつぶることにした。
周りも無関心、彼がいないかのように振る舞う。
ノビノビ育てることとは、こういうことを言うのだろうか?
お父さんは大変だ、自分は全く湯船にも浸かれず、子どもが何か仕出かさないかを追っかけながら見張っている…これでは子どもは天下様だ。父の威厳なんてあったもんじゃない。
家で一番偉いのは子どもなのか?
これだけ優遇されて子どもって育てられるものなのか
自分の育てられ方を考えると、絶対的な親父、今回の状態など考えられない。
普段から抑圧されていたので、調子に乗ったらゲンコツ、そして張り倒されてそれで終了。
それが良いか悪いか、子どもの影響を考えれば何とも言えないが、
問題なのは、周りの無関心具合なのだろうと思う。
ウルサいと思うなら、それを伝える。
みんなそんなに大らかなのだろうか?
自分も含めてお節介ができない、無関心な状態ってのがヤバイと思った。
彼に、何かキッカケがあれば話かけたかったが、自分もできなかった…
昔は銭湯なんか行くと、オッチャン達がけっこう気楽に話しかけてきたりしたけど、
そうやってルールってのを学んで行くものなんだ。このお父さんじゃ教えられないと思うし…


みなさんだったら、こういう状況の時、どうするでしょうか?

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。