2013年7月10日水曜日

森と畑をつなぐ活動本格化?!

私たちのくらす環境も、一度人が手を入れてしまったら、人が責任をもってその場を管理していかなければ、自分たちが生きにくい状態になる。

近代から現代にかけて、人が自分たちの環境に、その責任を果たさなかった結果が、
現在の状態としてよく出ているのだ…当然の結果なのかもしれない。と思うのです。

工業化が進み、身近な資源を利用せずとも、効率よく、便利に快適に均質した物を平等に得ることができるようになり、環境に働きかけることもなくなり、いつのまにか近くて、全く遠い存在になってしまった。

そんなライフスタイルをもう一度見直し、少しでもくらしの中から身近な環境へ働きかけるキッカケを作ることが、本当の意味での環境保全なのではないか?

森と畑をつなぐプロジェクトはそんな気持ちでやっております。

今回は、本格的に竹資源を刈り、活用するために、
その範囲を決める測量を行いました。

いつもは畑だけで、竹林には竹を少し伐採して使う程度だったので、中を歩くこともほとんどなかったけど、あらたな発見があって面白かったです。
やはり、河原のすぐそばということもあり、地面は石が多く、
そこでの植生も、状態も特徴があるように感じました。

上手く利用できれば色々と出来そうです。

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。