2014年11月20日木曜日

産業交流会2014出展一日目

東京ビックサイトで行われております産業交流会2014に
那須野が原生きものネットワークは墨田ビジネス交流会さんのご協力を得て
出展させて頂いております。

その展示会の中でお話させて頂いた方の中で、
とても印象に残った会社の社長がおりました。
町工場をやっておられるようですが、
これからは大企業に頼らず、自分たちの技術や新しい発想で
それらを発信して行き、独自でやっていかなければならない。
「図面があれば何でも作れますではダメで、
図面が無くても作れるようにならなくては…」と。

日本の製造業に関して、いわゆる「産業」については、
これ以上、大規模で一部に集約されたやり方では限界を感じ、
半ば諦めをもっていた自分でしたが、
この社長の熱い想いに触れて、
もともと日本は大企業に頼って町工場はやってきたわけではなく、
今は世界のHONDAも、もともとは町工場の本田だったわけで、
その精神を忘れていたのだな…と気づかされました。

フットワークの軽さも町工場ならではのものです。
何でもパッと試行錯誤して作ってしまう。
失敗してもそれほどの損失にもならない。
大げさに考えず、とにかく簡単にでも試してみる。
大切なのはそんな生きる姿勢であり、
それは身近な環境を自然の状況を見ながら試すものそのものであると
思うのでした。

必要なものは自ら試そうとする気持ち…

細かい仕事でも地域限定で考えるのではなく、日本や世界規模で考えれば、
何かしら需要のあるものを作り出せる。
この辺の発想は従来的によく聞かれるものですが、
それは決してマネー経済主義というものではなく、
また、グローバリゼーションといわれるものとは違う
ブローバル化なのかもしれませんが、
消費することを前提としない上での「ものづくり」の在り方を
あらためて、現代における町工場の行く末と、
我々のこれからの生き方を考える上で、もう一度、
見直してみたいと思いました。



小水力発電、水面浮遊型

深堀の缶詰

梅干しの種取りマシーン

種取りました!

2014年11月17日月曜日

産業交流展2014に出展させて頂きます。

11月19日、20日、21日と三日間
東京ビックサイトにて産業交流展2014が開催されます。
那須野が原生きものネットワークは異業種交流会台東ビジネス交流会さまのご協力を頂きまして、ブースの一部をお借りして出展させて頂きます。
19日、20日の2日間です。
団体や活動の紹介、森林と畑をつなぐ資源活用と食料自給率向上、そうした体験活動のお手伝いをさせて頂くお話や、環境学習教材として生きものポストカードの展示などをさせて頂こうと思っております。
どんな状況になるかわからず、準備をどこまでやれば良いのか分からないので、とりあえず、あとは経験で…ということで、写真のような形でテーブルの上はヤゴの観察などをさせて頂こうと思ってます。



ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。