2015年1月7日水曜日

ひなた農場作業状況150106

昨日は、森と畑をつなげる活動(仮)ひなた農場の畑造成作業で、竹チップを畝間に撒きました。
ケーアイ工業さんの全面協力の元、クレーンで袋を釣って…


袋の下面にある開閉口を開け
クワのような棒を袋へ入れ、掻き出します!
とにかくかき混ぜて出す!
腕が上がっても!!
袋の中のチップは既に発酵していて熱くなっており、出てくるチップはまるで丁度良い湯加減のお湯のようで気持ちよかったです。
ただ、作業自体はシンドイですが(笑)


今回も色々と試しました!
まぁ、少し危ないのですが、袋の中に入り、足でチップを押し出すことまやりました。

図のような感じで…(笑)
畑の構造は、好気性の高等な微生物、キノコ菌を増やすため、水はけを良くし、微生物のエサである炭素資源を土に混ぜてあげます。
溝をバックホーで掘るのもそのため。
竹そのまんま、枝葉、竹チップの順番で入れて行きます。
ただ今回は土があまり過ぎて置き場が無いこと。
実査に作業をする時の状態や、そのために使うチップの量などを考えると、
竹を入れてから土を戻してもいいのではないか?ということになりました。

チップを入れて、畝間の溝をある程度満遍なく引きつめた図。
まだまだ足りないですが、とりあえずこんな感じです。





ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。