2015年1月12日月曜日

森と畑をつなげる活動日報150111


森と畑をつなげる活動日報
特定非営利団体ひなたさんとケーアイ工業さんの全面協力の元、ひなた畑造成は行われております。
(仮)ひなた農場にしていましたが、(仮)ひなた畑に勝手に変更です。
理由は、ひなた畑の方がかわいいと思ったから…

まぁ、それはさておき、何だかドンドン話が大げさになってしまい、
家族の中ではチョッとした大プロジェクトになりつつある「森と畑をつなげる活動」。
お陰様で過去に色々と軋轢があった父と息子の硬盤層のような関係も、微生物の力によって団粒化し、ふかふかに発酵してきたように思います。(昭和以前の父と息子というのは何かしらあるものですよね〜)
今回は、親戚の農家の若者にも協力をして頂きました。
あらたな可能性が広がるといいなぁ〜♪

段取りとしては二手に分かれました。
畑を造成する班と、畝間の溝に入れ込む竹を作り供給する班です。
何で?畑をつくるのにユンボ(バックホー)が必要なのか?と思われるでしょう…
これは高等な土の中の微生物に空気を入れやすくするため、水はけを良くすることと、そのエサを与えやすくするためです。
当初は1mほど掘るはずでしたが、掘り進めるうちに砂礫層がドンドン浅くなっていく状況なのが分かってきました。
砂礫を掘ってもあまり意味が無いと判断し、その手前で止め、その上に竹を丸まる乗せ(40センチ幅の溝に竹を以前は6本、今回は9本)、その上に枝、葉を乗せます。
仕上げは竹チップですが、ブロアーで押し流すという計画になっており、現在、開発中です。それまでは袋かネコで運んでいれ込むような形になりそうです。
その前にチップを作らなければなりませんが、チッパー自体も作れないか?と製作を検討しております(ケーアイ工業の全面的なバックアップ体制のおかげです)。

ひなた畑作業前

ひなた畑作業後

ひなた畑作業前


ひなた畑作業後


畑造成作業中
畝間に溝を掘り竹と枝葉を入れて行く。
敷き詰めるとこんな感じです。
この上にチップを畝含めて撒いて行きます。

大体、30mの長さの溝を4本で掘って一日ということになります。
仕事は丁寧なのでキッチリとした溝です!

こちらは竹伐り班です。
竹を伐採し長さを合わせて切り…
(前回までは5mでしたが、今回から3m)
バールなどの硬い棒で枝を落とし、
方向を合わせてまとめます。

竹と枝をそれぞれまとめ、
竹は束ねて、枝葉はカゴに押し込み、トラックで運びます。



今回から投入したクローラー搬送車ですが、
こんな感じで積み込みに使おうと思ったら、やはりズッコケました(笑)


でも多分、チャンと使えます。
使い方次第で…

と、荷物を乗せて運び出そうとした矢先…
柔らかい場所に入りスタックしてしまいました!

そこですかさず、登場したのがクローラー(笑)

帯で括り付けて引っ張りだそうとしましたが…
これからエンジンの調子が良く無くなりました汗。

その後、無事に手押しで脱出して運びました。
大体、4回運び込んだ形で竹の数は200本ほどでしょうか?
単純に計算してみて、
30m÷3m=10
10×9本=90本
90本×4溝=360本
ってことは、実際には前のあまりを考えても250〜300本は運んだ計算になります。

今回で、畑の半分が終わった形になります。
作業や運営の方法を考えると中央に4トントラックも出入りできるくらいの道があった方が都合が良いということで、広めに通路を作る事にしました。
残り、畝を8本ほど作れればいいのですが…

何とか、溝掘りなどは1月いっぱいで終わらせたいと思います。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。