2015年1月17日土曜日

現実を拡張した?…

【雑感151017】
「新しい技術で広がる現実世界」
昨日、たまたまラジオで知ったのですが「イングレス」というゲームが一部で?世界中心に流行っている…ようですね。
ゲーム内容ですが、スマフォを使った陣取り合戦で、グーグルマップを使って2軍に分かれ、ポータルというポイントに実際に自分で行って、ポータルを奪い陣地を取り合うというものらしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Ingress
レベルによってやれることやミッション、ポータルを奪う際の攻撃力なども違うようで、仮想空間によって現実世界にもうひとつのレイヤーが作られ景色も違って見えたり、今まで気がつかなかった地元の旧所、名跡を知ったり、新しい場所へ行ってみようという気になったり、ローカルなプレイヤー同士のコミュニティが自然発生的に作られたり、生活がイングレスという仮想空間に設定された世界観によって変わる状況が起こっているということです。

「仮想と現実の間で…」
このように人の手によって拡張された現実世界。技術が実際の人の空間認識を変えてしまう状況となっており、ネットワーク技術によって広がりを見せ、分かりやすくなっていますが、「価値観を変えていく=生き方を変えて行く」ということ自体は、他の芸術活動でも試みているわけで、それが新しい技術使いリアルな行動や地域の経済に落とし込むことやコミュニティ発生のキッカケを作るなど、様々な可能性を感じられるというところでかなり期待度は高い。

「拡張された現実?」
しかし、一方でこんな危機感も持つ。
今までも新しい技術によって人は新しい世界を作ってきたわけですが、
その便利で快適な世界観は同時に本当のリアルな自然の摂理や流れつながりといったものから隔絶していきました。そのおかげでリアルに起こっている自然の事象から自分の置かれている状況を読み取ることが出来なくなった。つまり、今まで先人たちが持っていた「勘」のような動物的な「本能」目に見えるもの意外のもうひとつもふたつもいくつもある天然のレイヤーを失ってしまったのではないか…と思うのです。
技術によって新しい世界観を得て、くらしを変えていくことが出来た。
しかしそれは本当の意味で世界が拡張されたのだろうか?人間社会だけで限定されれば確かにそうかもしれないが、自然という大きな流れから離れてしまう技術に、レイヤー設定にならないようにしていかなければならない。

世界のあらゆるものを検索できるようにするには、あまりにも自然は偉大すぎる。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。