2015年1月9日金曜日

竹ってすごい!いや自然ってすごく正直

Kさんの畑は、竹林に隣接している場所もあり、
土壌改良のために畝間を掘ったら写真のように竹の地下茎がグングンと伸びておりました。
昨年も畑にタケノコが生えてきたそうで、掘ってみたら案の定…ということでした。

Kさんは、毎年竹きりに来て先代から含めて50年やっている人と話をしたらしいのですが、放っておけば5年で竹が生えているところ20m先くらいは覆われてしまう。とのこと。たしかにこの茎を見れば納得です。



興味深い話は、
圃場で肥料をあげている場所の竹は、質があまり良くなく
竹細工などには適さないということでした。
耐久性やしなり具合が良くない。
竹も栄養過多のメタボになるということで、土によって変わってしまうというのが、
実に面白いなぁ〜と思います。
竹を切った時の匂いも違うとのことで、病気の人の匂いが違うのと一緒なのかな?なんて考えたりしました。
そして窒素などが多い栄養過多な土の場所の竹は太くなる…ということでした。

窒素などを沢山吸った竹ってどうなの?
窒素を吸った野菜は通常腐りやすい腐敗分解されると言われているけど、
炭素化された木材はどうなのだろう?
という問いが生まれました。
木も水に浸かっていれば腐敗していきますよね?
今後、考え、実際に試して答えを自然から教えてもらおうかと思います。


ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。