2015年8月26日水曜日

農日誌20150825


たがやす。

耕すって固くなった大地に鍬などを入れてやわらかくすること。それって空気を入れ、土の中の微生物を活性化させるだけだと思っていた。でも同時に草なんかも細かくして土に混ぜるたりして微生物にエサを与えることも昔の人はやっていて、経験的にそれは土を豊かなものにするって知っていたのではないかな〜と思った。
今のように肥料なんて高価なものを手に入れられない時代でも作物は作られていたわけで、どうやっていたのだろう?と思ったりするわけですが、もしかしたら今の我々よりも収量は多くて美味しいもの食べていたんじゃないだろうか?と
というわけで、
たんじゅん畑にて、
取りこぼした小豆の種が成長してしまった畝を
ある程度収穫して、畝の付け根の水はけの悪いところから生えた草を刈り取り、
それをなるべく細かくして土に混ぜ込みます。
草が何故生えるのか?
その土地のバランスを取る為に余分な養分を外に移すためであると同時に、
草が光合成によって固定された炭素が微生物のエサになる…
そうやって土がどんどん多様な微生物層になっていき、
樹林を維持するための土が出来上がる。
そうやって自然は移り変わっていく。

しかし、熱帯雨林の土の微生物層は貧弱だという。
気候的に有機物が腐敗しやすい環境では、
土壌が富栄養になりやすい。
だからそれを他に移すために地上では多様な生物が存在する
と言う事ができます。


スナップエンドウの畝もカナムグラやヤブガラシが
絡まり生茂っていたのですが、
それを取り除き、同じように畝間の草も
刈り取って細かくして置いておきました。
ここに春菊を蒔いてみました。


ピーマンについて

三年目のたんじゅん畑でやっと採れはじめました。

肥料無しで栽培するのは実は結構難しい…と昨年くらいから思うようになりました。

ピーマンは他の作物とは別の微生物層による共生関係を持っているのではないか?
と畑仲間と話をしての見解です。今年に入り二カ所、新しい畑でピーマンを植えてみたものの、あまり良い出来とは言えません。
しげよし畑ではかなりの数の苗を植えたにも関わらず、ほとんどがそのまま成長が止まり、大半が枯れるような状態で、土自体の微生物的な遷移が進みそれにあった微生物が増えるために時間がかかる…
ということなのかもしれません。

肥料で大きくすることは出来るかもしれませんが、
苦くもなくピーマン本来の香りと甘みがひろがり、柔らかく、しかし肉厚な心地良い歯触りの
この美味しさは微生物が育てたものではないと出せないのでは?と思ってしまいました。



那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。