2016年1月14日木曜日

活動日誌2016107-1014

年が明け、4日から本作業を開始しておりました。
新しい場所の開墾…
しかし、これだけ耕作放棄地が多くあるなかで、
わざわざなんで竹林で日が当たらない場所を手間とお金をかけて開墾しなければならないのか…
これも自然に対しての好奇心から来るモノなのでしょう。
竹林だった場所の土、微生物で野菜をつくったらどうなるのか?
単純に興味がないですか?



ということで7日から抜根してもらったところの細かい石や根を取り除く作業をしてました。
これが結構大変で、スケルトンというフルイのようなシャベルの穴が、小石や湿った土によって塞がれてしまい、またフルイにかけるように機械を手を振るって揺らすのですが、
最初のうちは力が入ってしまい凄く腕が疲れました。
慣れるとそうでもなくなるのですが、そこが難しい…


小石や根をすくいだし、フルイ、搬送車に積んで…


それを通路に敷き詰める…という作業の繰り返し。


驚いた事に、カブトムシの幼虫をすくってしまいました。
竹林の土の中でもいる。
これはチョッと解釈が難しいのです。
カブトムシがいるということは、森の土になっているということなのですが、
僕達が目指す土は、さらに森から進んだ微生物相の形成。
つまりそれが「畑」の本来の姿。
本来、植生遷移はその環境条件で極相と呼ばれる最終形態が決まってしまい。
大概、日本では常緑樹、または寒いところであれば、落葉樹林や針葉樹林で止まってしまいますが、人の手を使う事でさらなる極相状態を作り出す。
ということです。

一見、自然破壊にしか見えません…
しかし、本質を考えれば、なぜ、動植物は存在するのか?を
大きな自然の流れで捉えれば、物質循環の一端の役割をそれぞれが担っており、
その流れを理解し生きていくことが重要だと思います。
そもそも農耕自体が不自然な状態を作り出すわけで、しかし人は自分たちが生きる術を自然から分けてもらい折り合いをつけて新しいバランスを作り出していくしかない。
それが大きな流れを阻害するものであってはならない。
だからどうやってその土地の生態系の一部になるか?を考えて行くことが大切なんだと思います。


育苗をするためのミニハウスの場所も抜根してもらい…


昨日、水はけを良くする為に縁切りの溝を掘りました。
でも、ここはすでにサラサラの乾いた土。


こんな感じだと既に出来上がってしまっていて、
むしろ、土がキレイすぎて逆に微生物が多様ではないかもしれない…
これだと逆に肥料分を入れて汚す必要があるかもしれない。
育苗のハウスの側に実験で何か育ててみようかと思いました。
三種類できるかな…と
1.何もしないところ。
2.竹チップをまぜておくとろろ
3.竹チップと焼き塩水、そして太陽熱処理
4.もっと欲をだせば、3に肥料分をいれてみる

うーん!面白い。
こうした実験は本当にワクワクしますね♪


上述した自然遷移の模式図…
何のために、動植物は存在するのか?
森の炭素資源は最終的に土に返り、それが微生物のエサとなって多様な土をつくり
それが無くなるとまた草が生え…と繰り返し、空と土と物質が循環するバランスを作り出す。もちろん、気候が一定ではないので同じ条件などひとつもない。
そんな大きな営みの中で、我々は生きている…凄いとしかいいようがない。

那須野が原生きものネットワークTV

イオンデー出展

毎月11日夕方に自然を感じるキッカケづくりのブース出展!!!!

イオン黄色いレシートキャンペーンに出展予定です。

場所:ザ・ビックエクストラ那須塩原店

中央入り口、ミスタードーナツの前あたり

時間:16時頃~19時頃まで(予定)

内容(新しいネタを検討中):

トンボのヤゴの観察、生きものの気持ちになるお話の紙芝居等

会員募集!

会員募集 会員特典として・・・
那須野が原地域の生きものや場所の様子や団体の活動を報告しているニュースレターを(不定期で)お送りします。 また、イベント情報などもメールでお知らせいたします!
会員ご希望の方は、下記のメールアドレスに
お名前、住所、連絡先電話番号を記入の上、
会員登録希望とお書きになってお送り下さい!
yasuii@nh-bio.net
頂いた情報は、資料の配布、お知らせの
通知以外での使用はいたしません!
外部に提示させて頂く情報としては会員数としてのみ
使わせて頂く場合がありますが、個人を特定できないカタチとします!

生きものポストカード販売中!!

ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。