2016年10月11日火曜日

久しぶりにエコレンジャー(環境学習プログラム)やりました!

10月8日
久しぶりに環境学習プログラム エコレンジャーを大日向マルシェ会場にて開催いたしました。

しかし、雨、雨、雨…
それでも無理矢理開催!

思ったよりも参加者が現れ、また助っ人にも助けられ、
完全にオンブに抱っこ状態で行いました汗。

今回の任務は、昨年造成して、春にも調査を行った池の秋の調査。
それと、春に田植えした田んぼの水抜きを行い、そこに棲んでいる生きもののレスキューを行いました。



雨でも子供たちは元氣いっぱい


最初、大型のヤンマは採れませんでしたが、あとからザクザク出てきました。
多分、この池の優勢種はこれかと思うくらい…



今回もガクさん家族の協力を得て、
ほとんど全てをお願いしちゃいました…
ガクさん、いつもありがとうございます*

マツモムシの空氣の取り込みが見れて良かった♪





○今回確認できた生きものたち
ヒメゲンゴロウ
マメゲンゴロウ
コシマゲンゴロウ
クロゲンゴロウ

クロスジギンヤンマ
シオカラトンボ
一種 背棘にトゲがあるものがいて、オオシオカラトンボかと思って同定を進めるも、アゴの側刺毛の数がタイワンシオカラトンボの数8本で、腮刺毛の数がそれよりも少ない…
これをオオシオカラの変種と思っていいのか?タイワンシオカラトンボだと思っていいのか?
多分前者なんだと思いますが、なにせオオシオカラトンボが全然採れないので、何ともいえません。

マツモムシ

トウキョウダルマガエル

という結果から
○この池が生きものにとってどいう場所か?
当初は明るく開けた水面があったけど、段々と池に植物が繁茂し、水面が見えないほどになってしまった。そこで比較的暗くて水草のある池を好むクロスジギンヤンマが入って来た。ゲンゴロウが多種いるということから、比較的多様な環境(繁茂した草を刈り取ったことも影響して)が作られている。
夏場に刈り取る場所とそうでない場所を分けることで、多様な環境をつくれるのではないだろうか?
ということで、来年はそういった管理を行いたいと思います。


ペレットストーブ

さいかい産業SS-1 本体、配管基本セット、工事費で合計29万円。 ペレットストーブの販売をはじめました。 ペレットとは木を砕き締め固めた燃料で、暖房などに利用します。 地域の森林を管理しながら、生きものと人が一緒にくらせる仕組みづくりとして 大いに期待できる道具だと考えています。 こちらも事務所で展示しておりますので、興味のある方はご連絡下さい。 決して無理に売りつけることはしません。 しっかり導入の意義をご理解頂けた方にしか販売しませんのでご安心下さい♪ 訪問受付は下記電話番号まで〜 090-3342-6173

協賛して頂ける方を募集

協賛して頂ける方を募集
那須野が原生きものネットワークでは、
活動に協賛して頂ける方(個人、企業、商店、団体)を募集しております。
詳しくはメールまたはお電話でお問合せ下さい!よろしくお願い致します。